ピクシブ百科事典

ユージン(夢界奇譚)

ゆーじんまたはゆーじんくりゅーがー

ユージンとは、一次創作ホラーゲーム企画『夢界奇譚』の登場人物。そして…
目次[非表示]

「ハハハッ、バカがよぉ!!」

概要

ステータス

性別
年齢17
身長172
ステージ-
趣味研究
好物甘い物全般
武器メス(金と権力)


作中、ストーリーを進める毎に入手する事が出来るメモ等や、350mlの話からのみ確認出来るの多い人物。
物語の重要な鍵を握っているようだが、その正体とは……??




















以下ネタバレ注意


ゲーム中盤から(名前のみ)登場。フルネームはユージン・クリューガー。
作中世界における全ての元凶、「研究者」のリーダー。
普段は研究所(ラボ)にてこの世の中を変えようと熱意を持ち研究をしている。

白髪に黒メッシュの長い髪を後ろでまとめ、白衣を羽織った謎めいた人物。
また、ジルジーナの2人とは幼馴染。



人物像


この世界を更に良くするべく、研究所(ラボ)にて日々熱心に研究を取り組む科学者。アロマンティック
作中の世界においては基本、「大きな人類革命を起こした科学者」として、人類にとっては英雄、希望の鑑のように慕われ崇められる正真正銘の偉人のような扱いをされている。
そしてそれに加え、彼自身、実際英雄に相応しいカリスマ性な性格をしている。
現在までに登場したキャラクターの中では唯一の『現実世界の住民』であり会話の成立する数少ない人物である。







































……尚、上記の内容に間違いはないのだが、実は彼の本性はサイコパスである。


実際、彼の本編での立ち回りはと言うと、

  • 夢界を作り上げ、その性能実験もとい被検体のために幼馴染のジルをブチ込む

  • その後も何の恨みも面識もない人間を夢界(地獄)にブチ込む

  • 夢界で死んで行った人間達に対して何の感情も抱かない

  • 上記の為に生身の人間に対して日常的に拷問を行う

  • 親友と旧友を平気で裏切り利用し使い潰す

  • セフレが何十人もいる

  • しかも全く反省しない

などなど、彼のして来た行いはまさに吐き気を催す邪念そのもの。

本性


彼の性格は前記した通り根っからのサイコパスであり異端者。
誰に対しても当たり障りなく爽やかに接しこそするものの、その裏では相手の好意を利用し「バカがよぉ」と嘲笑い、表では「またなんでも相談してくれ」と話し、自身の作った夢界での犠牲者が出ることに対して何の感情も持たない、そして非道人的すぎる実験を生身の人間に対して日常的に行っているなど、その言動は明らかに常人のものとは違うそれだと言う。
そして極めつけは、相手がどれほど子供の時から一緒に時を過ごしてきた親戚であり親友だとしても唯一の理解者だと謳っていた旧友だとしても、自身の目的の為なら簡単に切り捨てられてしまうことだろう。


(まぁもっとも、彼は幼馴染との思い出や人間らしい感情について、自身もそれに近いものは持ち合わせているはず…という旨の発言をしていたため、『元々人間の感情が欠落しているサイコパス』と言うよりかは、彼の場合は『何がいけないかと言うことは理解しているが正義の為なら多少の犠牲は仕方ないだろうと切り捨てられるサイコパス』と言う方が妥当だろう。)



そして、その非道人さは旧友である350mlジルにはとっくに知られており(というよりは350ml曰く『あいつのろくでなしっぷりは僕が1番知っている)、とのこと』、ジルには「まだやり直せるからこれから頑張ればいい」などと励まされており、350mlからは研究の成果を出す為なら自他関わらず人の命はもちろん、大切にしてきた思い出や感情を平気で使い潰すユージンに対してほとんど諦めに近い感情を抱いている。
 

しかし、彼の行ってきたことは上記を見て分かる通り血も涙もないれっきとしたサイコパスだが、幼馴染のジルと350mlとの思い出や彼等と話している時に感じる感情などはただの同情や利用の為の駒だと割り切れるかと聞かれたらそうでもないらしい。

作者曰く、『二重人格とかアンビバレンスとかそういうの。』だと言う。





更にネタバレ注意

彼の幼少期は貧しい家に生まれ、周囲からも白い目を向けられて育ってきた。境遇にそぐわずこの頃のユージンは幼馴染のジルと350mlとの仲も良好であり、性格も至って普通の少年だった。
しかしある日、ユージンの両親は幼馴染であり親戚でもあるジルの父親の急遽後、ジルの父親の保険金(作者によると、少なくとも1億円以上あったらしい…)を奪い、その金を使い生活をし始めた。
幼いユージンはその犯罪とも言える行為を悪いことだとは直観的に感じたものの、結局は裕福な生活に慣れてしまい気にすることすら無くなってしまった。
そして卒業後(高校か大学かは不明)、夢界についての研究をし始め、今に至るという。

ちなみに作者のジジ氏は「ユージンの生活は彼の親がジルの父親の保険金を奪ってから幸せなものになったから、ユージンは幼少期からずっと『奪う事によって幸せになれる』と言うおかしな勘違いをしていて、彼の性格と価値観が歪み始めたのもこれがきっかけだと思う」と語っている。

ビッグゲーム篇での扱い

彼は夢界奇譚のほかに、同じくジジ氏の制作したオリジナルストーリー『Ralpa~ビッグゲーム篇~』(名前のみ)、『Ralpa~ニューゲーム篇~』、『Ralpa~ファイナルゲーム篇~』にも登場している。
Ralpaストーリーにおける彼の主な立ち位置は夢界奇譚と同じく黒幕であり、ビッグゲームを立ち上げた張本人ということになっている。

ちなみに、Ralpaストーリーでのラルパとユージンの関係は、(あくまで立ち位置が主人公と黒幕という設定に対しては)夢魔達とユージンの関係などに比べかなりマイルドなものとなっている。

特にファイナルゲーム篇にて終盤でラルパがユージンを打ち負かして立ち去る際、ラルパの放った発言とそれに対するユージンのリアクションは、2人の関係を良く表していると言えるだろう。

尚時系列は作者によると夢界奇譚→ビッグケーム篇となっているようであり、本編ではビッグゲーム篇と同時系列でジル350mlはユージンの事を探しているような素振りが伺える。(しかし尤も、本気でユージンのことを探しているように見えるジルと違いmlは「もしかしたら、アイツとはもう一生顔を合わせからないかもしれないな…」などと発言しているあたり、探すことを諦めているようにも思えるが…)

余談

ちなみに、夢界奇譚における、このゲームでのメインキャラとも言えるジル350mlユージンの3人は、本名+愛称の『ジル』、『ジーナ』、『ジーン』からとって、G3と呼ばれていたりする。(と言うか、その方が圧倒的に多い)


関連イラスト


未だないので、投稿され次第追加するつもりです

関連タグ

夢界奇譚 ラスボス G3 ジル 350ml マッドサイエンティスト サイコパス 吐き気を催す邪悪 アンビバレンツ アロマンティック

ラルパ - 作者繋がりの別作品の主人公。 ユージンとは宿敵。

関連記事

親記事

夢界奇譚 むかいきたん

兄弟記事

コメント