ピクシブ百科事典

ヴァルカンセイバー

ゔぁるかんせいばー

ヴァルカンセイバーとは コミック作品「アーマードコア~タワーシティブレード~」に登場するメインメカニックである(背景の深紅のマシンが該当する。尚、前方の女性はパイロットの『橘花』)。 ※ここでは機体名とアセンブル、パイロット名を記載しておく
目次[非表示]

概要

機動力を活かした一撃離脱戦法を得意とする真紅の軽量二脚型AC。
ハイレーザーライフル、中型ミサイル、高出力レーザーブレードが装備されており火力にも優れているが、絶妙なエネルギー管理能力が必要とされる。

機体構成


<
部位パーツメーカー
頭部CR-H97XS-EYEクレスト
コアRAKANキサラギ
腕部CR-A94FLクレスト
脚部CR-LH99XSクレスト
ブースターB05-GULLミラージュ
FCSMIROKUキサラギ
ジェネレーターCR-G91クレスト
ラジエーターCR-R92クレスト
エクステンション未搭載==
インサイド未搭載==
バックウェポンLWB05M-SATYROSミラージュ
バックウェポンR未搭載==
右腕装備WH04HL-KRSWミラージュ
左腕装備CR-WL88LB3クレスト 
右格納非対応機種==
左格納非対応機種==


特記事項なし==








パイロット

【橘花】(きっか)
かつてフライトネストのリーダーであり、元フェルトリカ軍の人間だった父を殺した犯人に復讐する為に、レイヴンの道を進んだ若き女性。機体も父が搭乗していたものを模しており、荒々しい操縦ながら怒涛の勢いでアリーナ上位に食い込み、アリーナトップとの戦いもすぐそこだと言われている。

だが、アリーナの観客からは「父親の真似事」「高機動のACを制御する技術だけしかない」「ヤバくなったら相手ACのコアに集中攻撃しての、ルール勝ちに終始する」等と、散々な評価を受けている(但し、父親の真似事=他人の戦術の模倣高機動戦術も、一朝一夕に出来るものではない。更にACは火器管制の都合上、特定の部位を狙っての攻撃はほぼ不可能であり、それらを全て行えている辺り、彼女の実力は相当なものである)。

尚、生身でもかなりの戦闘力を持つようで、劇中では仲間内からセクハラ発言を受けて、顔を赤らめているシーンが存在する。

関連タグ

アーマード・コア
コミカライズ

関連記事

親記事

アーマード・コア あーまーどこあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァルカンセイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 660

コメント