ピクシブ百科事典

中国によるウイグル核実験大虐殺

ちゅうごくによるういぐるかくじっけんだいぎゃくさつ

中国がウイグル人対して行った核実験による大虐殺について述べる。
目次[非表示]

詳細

1964年から北京政府ロプノール湖にて、実験を開始
1964年10月16日に初の核実験が、1967年6月17日には初の水爆実験が行われた。中国政府はこれまで46回におよぶ核実験を行ったと公式発表しているが、実際は、小規模の実験も含め、同地における核実験は50回以上に及ぶと推定されている。

2002年8月以降の調査で、中国が東トルキスタンで実施した核実験によって、ウイグル人を中心に19万人が急死し、健康被害者は129万人にのぼり、そのうち、死産や奇形などの胎児への影響が3万5000人以上、白血病が3700人以上、甲状腺がんは1万3000人以上に達すると発表された。
また、被害はシルクロード周辺を訪れた日本人観光客27万人にも及んでいる恐れがあり、影響調査が必要であるとの指摘がある。

関連動画









関連タグ

中国/中華人民共和国 中国共産党
ウイグル 東トルキスタン 民族
侵略 民族浄化 中国人民解放軍

外部リンク

中国の核実験 - Wikipedia

コメント