ピクシブ百科事典

伏見定宗

ふしみさだむね

刃渡り1尺弱(30.2cm)の短刀。

概要

相州正宗の子、貞宗の作で同工の一作風を代表する傑作。水口藩の加藤家に代々伝来され、朱銘は本阿弥光室が入れたものだった。穏やかなのたれに小互の目を交え匂口の明るく冴えた。だが、その号の由来は不明である。
明治になり本阿弥光遜氏が購入した後、黒川古文化研究所の黒川福三郎氏に譲渡したという。
現在は国宝に指定され、黒川古文化研究所が所蔵している。

関連タグ

 短刀

コメント