ピクシブ百科事典

目次[非表示]

===========



……と、概要及び本文をこのような一行のみでピクシブ百科事典記事白紙化したり、内容を大幅にカットし記事の内容を変更したり、都合の悪いタグを消して回っている編集者の蔑称、あるいはレッテル貼りである。

なおこの項目にかかわらず安易に他ユーザー名の執筆や主観に基づく内容の執筆はこの記事が自治厨により亡きものとされたり内容が無分別に変更されたり無意味に注目記事にピックアップされたりするため、執筆などは注意して行ってほしい。

一般的に

まずこの行為が発生するのはインターネットサービス、例えば電子掲示板wikiなどの場合はルールが明文化されていないことが最大の原因であろう。
wikiの記述(その一部も含む)であるとかブログまとめコメントなどを恣意的に編集したり、有用な内容も含め全削除したりする場合、このように呼ばれることがある。
この中にはルールを把握していないがゆえに無意識にその行為を行う無自覚な荒らしによるものも多く、意図的な荒らしによるものは少ないと思われる。
むろんそれらのコメントや編集が実際に内容に関係ない誹謗中傷宣伝など、またはコピペのようなものである場合、それらを削除することは管理の一環でありむしろ推奨される。
ただし通常このように呼ばれるユーザーは「明らかに記述された内容が自分、あるいは自らの意見に不都合があり、反対意見やそれらを含む内容を削除して逃亡に近い状況になる」という事例である。
よって、最大の対処法はルールを明確にし、目立つ場所にそのルールを書くか先にルールを読むようにユーザーに促すことであろう。
何よりルールを守ってさえいれば荒らしにならないという環境にすることが一番の対処法である。
どちらにせよ自分が作成し、管理しているものには責任を持って対応しなければならない。
外部リンク:togetter「Togetterでの「コメント削除」の是非について」

概要

削除厨(さくじょちゅう)は、ピクシブ百科事典においては記事の概要および内容を、無意味な文字列もしくは「いらない」といった主旨の文章などに差し替えるの一種であるとされる。
また内容の削除と同時にメイン画像を、無題(作品へのリンク)削除済みもしくは非公開(作品へのリンク)に変更したり、既に削除された作品のIDを入れてnoimageにしてしまうことが多い。
パターンとしては自治厨の一種や荒らしの一種として扱われることがある。
また、荒らしの一種である復活厨の差し戻しに対し罵倒の意味で使用されることがある。

ピクシブ百科事典における記事の白紙化

この項目に関しては白紙化荒らし記事不要記事自演記事、あるいは投稿作品の無い記事一覧などを参照してください。
ピクシブ百科事典においては「乱立された記事」、「勘違い等により作成された記事」、「半角全角の違いによる使用できない記事」、「過去存在したものの現在タグとして利用されていない記事の残骸」、「自作自演企画など第三者がかかわらない項目」、「規約違反により記事として意味をなさない」、「立て逃げされた記事」などの不要な記事による検索妨害を軽減させる意味で白紙化を行う行為は行われている。

ところがそれらの行為とは異なり、「偶発的に用いられただけの感想タグ」、「作った本人にしか需要が無いような個人的な記事」などの本来不要と呼ばれるような記事では無いもの、たとえばタグ使用が(少数ながらも)複数人が利用している記事、第三者が作成した本人のみが使用するタグの記事、ピクシブ百科事典のみで使用される分割された記事、その他利用されている記事に対し、白紙化を行う者が主に削除厨と呼ばれている(平たく言えば、意識的あるいは無自覚に削除行為を行っている人のことであり、一部編集者は迷惑行為を行っている自覚があるのか「複数アカウント使用(規約違反)」、「入退会を繰り返す(履歴から編集者を推測しづらくする行為)」などの行為を行う)
これらの行為は編集合戦を誘発することがある。

分類と実例

この項目ではこう呼ばれる編集者の分類および特徴などに関して記述を行う。なおこの内容に関しては一部編集者の類推等不確定な点も存在するため、注意が必要である。

分類

これらのユーザーはこのように分類されるといわれるが、これらは一部の復活厨の発言なども含む。

荒らし

当初から自分の主張を通すためや他者への怨恨目的でピクシブ百科事典などを荒らすユーザー。この場合は自らに都合の良い記事を作成するとともに、都合に悪い記事に対し白紙化を行う(逆のパターンとしては誹謗中傷荒らし記事作成や編集など)行為であり、この事例は編集者アカウント停止で終わる可能性が高い。さらに、記事の復元防止のため複数の編集を行い履歴を流す(ピクシブ百科事典の仕様上履歴を流された場合履歴取得は直接には不可能となり、アドレス直打ちで行わなければならないため面倒になる)などの行為を行う。また、別の荒らし行為(たとえば内容を誹謗中傷に変更したり、内部リンクをいじくったり、親記事を無関係なものにしたり)に変化することもある。

自治厨

ピクシブ百科事典においては運営による強制的な編集はあまり行われていないとされ、ガイドラインのようなものも一部ユーザーは求めているものの、現状では存在していない。そのため、荒らし復元荒らしに対しては利用者が対処をとる必要があるが、中には過剰な理由、たとえば「タグを本人が作成してるから白紙化」であるとか「立て逃げのため削除」とか「ヘイトの温床になる」という一見もっともな理由によりピクシブ百科事典の本来の目的であるpixivのタグについて、記事を作成できるサービスということを投げ捨ててしまうような編集を行うことであり、無自覚な荒らしの一種とも考えられる。
たとえば規約違反の記事を内容説明を放棄して規約違反の旨のみ記述したり、複数の編集を経た記事を他編集者に断りなくバッサリ削除、大幅な内容変更などの行為である。

復活厨と削除厨

また、復活厨(一般的に荒らし記事復活させる人物に対する蔑称)に荒らされた記事の修正者も彼らの誹謗中傷としてもこの言葉は使用されることがある。
この場合、厄介なことに双方が「削除厨だ!」「復活厨だ!」などとのレッテル貼り合戦となり、そのうち人格や記述内容に関しての誹謗中傷合戦が発生、該当する記事は編集者により編集合戦となり、場合によってはどちらが荒らしかわからない、あるいはどちらも荒らし状態になってしまっている事例が存在することである。

特徴

  • 規約違反、あるいはルールに反する記事のため削除」といいつつ、第三者や自分の規約違反ルール違反などは放置する
  • 白紙化のための適切な言動(たとえば白紙化を行った理由の詳細な説明や代替する記事がある場合そちらへの誘導や存在する場合関連項目など)を行わない
  • またその言動によりアカウント停止された場合、白紙化のため再度アカウントを取得し編集することがある

ということがこの記事を編集した一部ユーザーの間ではいわれているとされる(一部は実例にも存在)。

白紙化される記事など

記事の白紙化詳細などは白紙化を参照したほうがわかりやすいが、ピクシブ百科事典においては「ある程度の自治行為は仕方ないという」という意見もたびたび出ており、次に記述する記事を削除したからといって、削除する編集者が全面的に悪いと言い難いものがあるのが現状である。

  • 規約違反
第三者や運営などへの誹謗中傷プライバシー侵害、商業用の広告宣伝無断転載差別表現、虚偽の内容など利用規約で禁止された編集が行われた場合、白紙化され、特に編集者やユーザーへの誹謗中傷の場合一部の記事は削除されないことが多い

  • pixivのタグとして使用されていない記事
ピクシブ百科事典内の検索妨害防止のため「pixivのタグとして使われてない」と言う理由で白紙化を行うケースがある。ところが少数でも使用されていても、白紙化する為にタグをイラストから片っ端から取り除き、自分タグ(作者本人がつけたタグ)の場合はユーザーにタグを取り除くように頼んで取り除かせ、使用されていない状態にさせてまで白紙化を行うという事例が存在したといわれている。
なお、pixivに作品が存在しないタグは以前の仕様ではピクシブ百科事典に作成できなかったため、この件は仕方がない。しかし他の百科事典サイト(たとえばルールの厳しいwikipediaアンサイクロペディア長文が執筆できないchakuwiki、長文でないと作成できないアニヲタWiki(仮)、有料会員のみが執筆できるニコニコ大百科など)では記事を作成するには様々なルールや条件が生じるために、あえて書きやすいこのサイトにて記事を作成する者も存在している。

この記事は基本的に荒れており、現在の状況(親記事はジョジョの奇妙な冒険関連のみ扱い、他の項目に隔離、分割は非推奨)は編集者の対話により一部決まったものである。一時期、新たな分割項目などが作成された場合、即座に白紙化されており、項目に関しては編集合戦も発生していた。現在残っているリストが削除されないのはこの記事の書き足しをする編集者の信じられないほどの図々しさによるものである。

  • ユーザー自らが作成した二次創作関連記事
これらの記事には「作者の自己紹介」、「作者のオリジナル、あるいは二次創作キャラクター紹介」、「作者の設定の紹介」などが記載されている。
ただしこれらの記事とそれを取り巻く環境側にも幾つかの問題点が存在し、記事自体にWikipedia:自分自身の記事をつくらないに記述されているような根本的な問題を含んでいることが多いことが挙げられる。

こういった記事を見つけた場合、一部wikiサイトなどでは編集合戦予防のため運営に通報するのみで記事には触れない(一部のサイトでは編集合戦を起こした場合荒らしとしてブロックされる原因となる)場合があるが、ピクシブ百科事典の場合肝心の運営が記事の削除および編集者への対応(注意警告アカウント停止など)といった仕事が他サイトより緩い(同様に、複数ユーザーが報告しない限り対処もほとんど行っていない模様)うえ、リニューアルから5年程度たつにもかかわらず、記事のガイドラインなども作成されていない。
その上、記事の作者に記事の問題点を伝え、作者にそういった記事を削除させるという手段をとっても、相手がそれを聞き入れてくれるとは限らない。中には、記事について話し合おうとしたらブロックされた上に記事コメントまで無視されたという報告まで存在する。(ピクシブ百科事典スレより引用)
この問題に対する対処法としては
  1. これらの記事を作成したい場合、なるべく利害関係の薄い第三者に記事作成を任せること。
  2. これらの記事を削除する場合、削除する前に作成者と(できれば第三者が閲覧可能なスタックフィードで)話し合うこと。
  3. 運営にきちんと仕事をするよう働きかけること。
が例として挙げられる。

ピクシブ百科事典での発生理由

復活厨立て逃げ無断転載を含めた記事の乱立といった原因を除くと、編集に利用するpixivアカウント取得が容易であること、ピクシブ百科事典の場合他のwikiサイトと異なり、編集制限がわかりにくいうえ、機能も貧弱(基本的に運営は「記事の編集を全員に禁止する(実例)」、「履歴削除(削除された場合その履歴を表示するとTOPページに戻されるらしいが、詳細不明である)」、「特定項目の閲覧禁止(こちら参照)」「編集権剥奪(3例が知られる)」くらいしかなく、別の処置として「pixivによるアカウント停止」くらいしか行わないと思われる)。

ところが、運営に通報しても運営側はとりあえず様子見・担当者不在などの理由により対応が遅れるなど荒らし(削除・復活両方を含む)に対する対処が後手に回ることもあり、さらに一部の当事者が「捨てアカウントで編集後、速やかにアカウント爆破」してどのアカウントが編集しているかわからなくすることもあるため、通報してもアカウント停止などの処置をとることが出来ないパターンも存在する。

辛うじて通報し該当する編集者がアカウント停止などの処分を受けたとしても複数アカウント(pixivの規約では「同一端末で同一行動を行う複数アカウントは禁止(意訳)」であり、ピクシブ百科事典の規約では規約が変更されない限り禁止である)を取得、またはさっさと退会し、速やかに新しいアカウントを作成(本来ならば運営側で取得前に拒絶するべきであるが、対処してもあまり効果は出ていない模様)したりして同様の行為を行ったり、編集に逆らう他者への誹謗中傷を行ったりする事例も存在するため、先に説明した内容もありピクシブ百科事典では問題が発生しやすいといえる。
運営仕事しろ

削除するにあたって

これらの行為により編集合戦が発生した場合、利用規約に抵触する可能性(通常の範囲を超えて本サービスのサーバーに負担をかける行為、もしくは、本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為、又はこれらの恐れのある行為。)があるため、「記事の削除の際には記事作成者としっかり話し合った後、作成者から許可を得る」、「実際にpixiv及びpixiv小説ピクシブ百科事典において不要な記事かどうかをきちんと見極めること」などが必要であり、詳細は荒らし記事白紙化などの記事に詳しく記述あるためピクシブ百科事典において白紙化を行いたい場合はこちらをしっかり読む必要がある。

これがなされない場合、どれだけ削除が正しい状態であってもも、貴方のアカウントでピクシブ百科事典が編集できなくなったり、pixivアカウント停止など、不利益を被る可能性が存在する。

関連タグ

迷惑行為 白紙化 削除 荒らし記事 復元荒らし
 自治厨 復活厨 荒らし 粘着(インターネット) 無自覚な荒らし

参照

編集履歴 コメント欄

外部リンク

削除厨ーWikiducca
削除厨-アンサイクロペディア
削除厨-Yourpedia
厨ペディア-削除厨
削除厨-アニヲタWiki(仮)

pixivに投稿された作品 pixivで「削除厨」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3154

コメント