ピクシブ百科事典

千葉県のYさん

ちばけんのわいさん

千葉県のYさんとは、終身名誉橘万里花の旦那である。

千葉県のYさんの名前が初めて世に出たのは、2013年に行なわれた、漫画『ニセコイ』の1周年記念人気投票だった。




この人気投票では、1位と2位はダブルヒロインである小野寺小咲、桐崎千棘がワンツーフィニッシュし、3位はツンデレ男装サブヒロインの鶫誠士郎が獲得。一方、ポジション的には「第3のヒロイン」であるマリーこと橘万里花は、つぐみんの後塵を拝す4位に終わった。

ところが注目は順位自体よりも、一緒に掲載されたマリーのコメントに集まった。

「私一人に1500票手書きで送ってくださった、千葉県のYさんに特別な感謝を…」

マリーの得票総数2694票のうち、実に6割近くを一人で投票し、マリー直々に感謝の言葉をもらったこの「千葉県のYさん」の溢れるマリー愛に、ニセコイファンの多くが驚愕した。

ちなみに、3位のつぐみんの得票数は2982票、5位の宮本るりは971票。すなわち、仮にYさんの1500票がなくてもマリーの順位は変わらず4位で、彼の票は順位に影響がなかったという微妙に悲しいオチがついている。とは言え、それでYさんの愛に傷がつくわけではないのはもちろんである。

そして迎えた第2回人気投票。ニセコイファンの注目は当然ながら「果たして千葉県のYさんは今年もマリーに大量票を入れるのか?」であった。ファンどころか公式も明らかに千葉県のYさんを意識しており、人気投票告知の記事ではマリーが「千葉県のYさん、今年もお待ちしておりますわ!」と名指しで投票を呼び掛けていた。前代未聞の個人への選挙活動である。


1年の間にマリーへの愛は冷めていないのか。その結果は……。

小野寺さんが前回4893票→5110票と微増、千棘が4338票→4341票とほぼ横ばいに留まる中、何とマリーだけ2694票→4518票と激増。つぐみんどころか千棘をぶち抜き、小野寺さんに次ぐ2位に躍進するという快挙を成し遂げた。そして結果発表ページの煽りには「沢山のご応募有難うございました!!(特に千葉県のYさん!)」の文句。Yさんは今回もやってのけたのである。

さらには千葉県のYさん自身も19位にランクインし、読者が人気投票にランクインするという前代未聞の結果になっており、この結果に、多くの人が「Yさん凄すぎる」「もうマリーはYさんとくっつくエンドでいいんじゃないか」と呆れ賞賛を送っている。

第2回では、小野寺さんに投じた千葉県のFさん、るりちゃんに投じた熊本のKさんなど、さらに投票がヒートアップしているらしく、すべて「手書き」である彼らの腱鞘炎を防ぐという理由で、運営は彼らが投じた票数の公開は控えた。

その後、アニメでマリーが登場するたびに視聴者がYさんYさんと騒いだりしていたが、しばらくはニセコイの人気投票もないしYさんの出番もないだろう……と思いきや、ニセコイと全く関係ない『ワールドトリガー』の人気投票で、再びYさんの名前が登場する。

何故か、「千葉県のYさん(ニセコイの有名ファン)」が27票を獲得し、90位にランクインしていたのである。Yさんは漫画のキャラでもないのに、2作品にまたがって人気投票にランクインするという快挙を成し遂げたことになる。なお、ワールドトリガーは複数投票を排除し、1人1票のみで集計した「単数得票ランキング」も同時に発表したが、こちらでもYさんは5票を獲得していた。バカは1人じゃなく5人いたらしい。

むろん、この件についてはYさん本人は何の関係もなく(さすがに自分で自分に投票はしないだろう)、その他の読者の悪ノリである。既にニセコイやマリー云々を離れ、「人気投票」に対する定番のギャグになりつつあるのかもしれない。どこまで続くかはわからないが。



奇跡は最後の最後に待っていた


そして時は流れ、2016年36・37合併号にて全229話をもって完結したニセコイ。
前話の高校卒業からさらに数年後、社会人となったメインキャラクターのその後が描かれる中、万里花の番となったその時、読者の度肝を抜く展開が待っていた。

無事に病気を乗り越え、「楽よりも素敵な男性を見つけてみせる」と見合いに精を出す万里花の姿が描かれたのだが、彼女が最後のコマで放った一言。

「さぁ! 今夜のお相手はどんな人でしょうか?
 えーと、千葉県在住の…

そう。千葉県在住の何者かが万里花の見合い相手に名乗りを上げていたのだ。

結局万里花が名前を読めず、付き人の曜子が教えようとしたところで場面が次に移り、見合い相手の名前が明らかになることはなかった。
しかし、「ニセコイ」、「万里花」、そして「千葉県」。これだけキーワードがそろっている状況下で、Yさんに連想が至らない読者が果たして存在するだろうか。
案の定この展開に「Yさんがついに本懐を遂げた!」と大きな盛り上がりを見せ、Twitterでは当該号をフライング入手したファンによる(ネタバレにならない範囲の)祝福や称賛のツイートが次々に寄せられ、一時は発売前の金曜日の時点で「千葉県のYさん」がトレンド入りという前代未聞の事態にまで発展することになった。



並々ならぬ万里花への愛を貫き、ついには公式まで動かしてしまったYさん。どうか万里花とのお見合いがうまくいきますように・・・

コメント