ピクシブ百科事典

原作メアリー

しょっけんらんよう

「原作メアリー」とは、原作に登場するメアリー・スー的なキャラクターのことである。
目次[非表示]

概要

一般的に二次創作に登場するオリジナルキャラを揶揄する用語としての「メアリー・スー」を一次創作に登場するキャラクターに当てはめたもの。
当該キャラのファン(場合によっては原作者自身も含む)にしてみれば罵倒以外のなにものでもないが、当該キャラを嫌う立場の人にとっては新たな被害者を出さないための警告でもあるといえる難しい用語である。

アンチ用語として


原作者や当該キャラのファンの視点から見ればアンチ用語、あるいは罵倒である。
そもそもの「メアリー・スー」という言葉からして

  • 批判的、揶揄的な立場から作られた二次創作から出た言葉でそうした意味を強く含む
  • 読む側の解釈に依存するため適用範囲が一定でない
  • オリキャラだけではなく二次創作の作中で魔改造された原作キャラ(性別問わず)にも適用されうる
  • 女性向けジャンルにおける夢豚、ホモ豚等のような自分が気に入らないジャンル、対立ジャンルに対する罵倒用語としての使い勝手の良さ

など悪い意味でのインパクトと汎用性の高さを備えている。
このため、

  • 元から優秀すぎる、山場がなくなるような補正やチート性能
  • 特に納得いく描写なく問題が解決していく
  • 深い理由もなく発生するハーレム化、逆ハーレム化
  • 他キャラの存在価値を奪うようなサブキャラ
  • 前作主人公が続編主人公の見せ場を持って行く

など、メアリー・スー的な要素が強いと見なされた際に原作メアリーと取られることがある。

ただ、こうした要素にある程度のニーズがあったり、ストーリー上の必要な要素であったりすることも多い。
(例:長期連載で戦闘力がインフレ、めでたしめでたしの大団円にともなうある程度のご都合主義、実用目的のエロゲーなど。続編ものの主人公の場合は単純に登場期間の長さと事前知識もあるかもしれない)

加えてこうした要素を含む作品に名作がないわけではない。
モテモテ(一夫多妻)枠を遡ればオオクニヌシ光源氏があるし、無敵枠なら黄金バットコブラからHELLSINGワンパンマンに至るまで、最強クラスの主人公に関しても古来から存在するものであり、一時創作に適用すると何もかも原作メアリーに見えてしまいかねない。
モルダー、あなた疲れてるのよ

全ては描き方次第、といったところだろうか。

一次創作におけるメアリー・スーキャラとされがちな傾向

原作者、あるいはシナリオライターがそのキャラクターに対する思い入れが強かった、あるいはそうでなくとも作劇の都合上特定のサブキャラクターにドラマや重要な設定が集中し過ぎた結果として原作メアリーと呼ばれることもある。

こうした原作メアリーの例としては、

  • 別作品の主人公がゲスト出演だと思っていたらそのキャラがキーパーソン扱いでプレイヤーのキャラクターは見てるだけのモブ同然の扱いだった(俺の屍を越えてゆけ2夜鳥子
  • 発売前の段階でメインヒロインだと思ってたキャラが途中離脱→実際のメインヒロインのドラマや背景に思い入れが持てずヒロインとして許容できない(TOZロゼ
  • 思わせぶりな言動と展開が多いがメアリー・スーの原典のように短い物語にドラマを詰め込み過ぎた結果そのキャラの魅力がわからなくなっている(ポケモンORASヒガナ
  • メディアミックスにおいて他の登場人物の重要イベントをメディアミックスのメインキャラクターに受け持たせる、悪く言えば乗っ取らせる。

などがある。

特にゲーム作品の場合、ユーザーは実際に発売されるまでストーリーの全容を知ることはできない。
新作ゲームに付き物の限定版や初回限定特典等の存在も相まって、下手をすると1万円以上の出費の結果よく言っても期待外れ、悪く言ってメーカー自身による裏切りに遭う形になる。
アニメであれば最悪円盤を買わなければ財布に被害はないのだが……。

こうしたことから、金銭的、精神的に被害にあったユーザーがそういったキャラを「原作メアリー」として定義付けることがある。
これはある意味警告であるとも言え、ファ○通などの大手雑誌やWEBサイトより正直なユーザーの評価としての側面もある。

もちろん印象一つでそうだと決めつけるのが良いことであるとは言えないので注意。

代表的キャラクター

※劇中では主人公や他のサブキャラよりも目立つような展開が多いためそう扱われている。


※悪い意味での原作メアリーの例

※なお、ヒガナに関しては基本的に“敵役”という扱いで、最後は主人公(プレイヤー自身)によって否定されるため、見方によっては純粋な意味でのトリックスターの方が近いとも言える。

関連タグ

メアリー・スー(二次創作用語)
ぼくのかんがえたさいきょうの

コメント