ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

吉三(戦国無双)とは、戦国無双シリーズにおける大谷吉継×石田三成の腐向けカップリングである。


戦国無双の吉三のタグは吉三とだけつけられる場合が多いがその場合他作品の吉三もひっかかる為こちらのタグ又は両方付ける事をオススメする。

関係性(ネタバレ注意)

戦国無双4では初めて吉継が無双武将として登場。吉継が謀反の疑いをかけられた際に三成がその証拠となる書状を燃やして吉継の窮地を救った。
関ヶ原の戦いではかつて共に浅井家に仕えていた旧友藤堂高虎を敵に回してまで三成に加勢する。吉継は小早川秀秋らの裏切りにより討死してしまうが最後まで三成の事を思っていた。

戦国無双4-2はこの作品無しでは吉三を語れない程二人の絆が強く押し出されている。
特に吉継が主人公の盟友の章では全イベントムービーの中で三成について話してないムービーが無い。
というか、三成の話しかしていない。
関ヶ原の戦いでは吉継は小早川秀秋の裏切りを最初から予想し自ら秀秋の近くに陣取る。
三成の「誰も失わぬ勝利」という理想を甘いと言いつつも出来るだけ叶えてやりたいと言って命懸けで戦った。
盟友の章の関ヶ原の戦いは特に吉三色が濃く、旧友であり敵将の高虎の待ち伏せに遭った時には、命は惜しまないが三成に勝たせたいから討たれてやれないと言っていたり、伏兵が出たりするたびに「三成に手は出させん」等と言ったりしている。

特に吉継と家康の邂逅時の台詞に涙した人も多いのでは無いだろうか。
また、エンディングの解釈は人それぞれだが吉三好きには堪らないムービーとなっている。

戦国無双chronicle3では今までと違い、三成も浅井出身設定となっている。茶室イベントでは、吉継の籠手は三成の籠手と同じ職人に作らせたおそろいの籠手だと明かされる等相変わらず仲良し。


戦国無双4Empiresでは吉継と三成の邂逅時に吉継が「愛のムチ」発言をしている。


また、戦国無双15周年記念の朗読劇では、詳しくは話せないが吉三好きの涙腺を崩壊させてくる内容が行われた。

関連イラスト



別名・表記ゆれ


吉三
こちらの方が多く使われているが他作品と交ざりやすい為、両方付ける事をオススメする。

関連タグ


吉三 戦国無双シリーズのBLカップリングタグ一覧

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

関連記事

親記事

戦国無双 せんごくむそう

兄弟記事

コメント