ピクシブ百科事典

名前を変えられた恐竜一覧

なまえをかえられたきょうりゅういちらん

名前を変えられた恐竜一覧とは、その名の通り古い名前から新しい名前かつ先に付けれた名前に変更された恐竜達のことである(画像はその中のひとつのブロントサウルスである)。
目次[非表示]

別の恐竜と同じと分かったり、違うと分かったりして、名前が変わる。

概要

我々が図鑑で使う恐竜名前は、学名である。恐竜に学名を付けるには、まず研究して、更に国際的に決められたルールに従わなくてはならない。また研究がすすみ、恐竜の学名を変えなければならない時もある。

主な名前を変えられた恐竜一覧

ルールで変わる恐竜の名前
発見された新しい恐竜が「」として新しいと考えられる時に新しい学名(新種)が付けられる。しかし、その後新しい標本の発見や研究が進んだことによって、別々の学名を持った生き物が同じだと分かることがある。最初に付けられた学名にするのが基本ルールである。但し、場合によっては、最新の研究により、古い名前が復活されることもある。

・旧名ブロントサウルス→改名アパトサウルス

アロサウルスとアパトサウルスだよ


  • 「名前が消えたブロントサウルス」 1877年アメリカの恐竜研究者オスニエル・マーシュは、発掘した恐竜の化石に、アパトサウルスという名前を付けた。更にその2年後の1879年に別の化石のブロントサウルスという名前を付けた。しかしその数年後、2つの恐竜は同じ者の大人と子供らしいことが分かったのである。この場合、先に名付けたアパトサウルスに先取権がある。

・旧名ステノニコサウルス&ペクティノドン→改名トロオドン

Troodon


  • 「トロオドンだけが残った」 だけの化石にトロオドンやステノニコサウルス、ペクティノドン等の学名が付けられたことがあった。しかし、もっと保存の良い化石が見つかると、これらの歯の化石が同じ恐竜の奥歯前歯であることが分かった。そのため、一番古いトロオドンの名前だけが残った。

・旧名イグアノドン・オリエンタリス→改名アルティリヌス

アルティリヌスなのさ!


  • 「イグアノドンだと思われていたが…」
最初、この恐竜がモンゴルから見つかった時、イグアノドンだと考えられていた。しかし調べてみると、イグアノドンとは、属名まで違う種類であることが分かった。そこで1998年に別の恐竜としてこの学名が付けられた。

勘違いされそうな?な名前の恐竜
恐竜の名前は発掘された時の様子等で付けられることも多い。しかし、新しい発見や研究が進むと、名前の意味が合わないこともあるのである。

オヴィラプトル

抱卵するオヴィラプトルだよ


  • 「名前の意味は「卵泥棒」だが…」
「名前が付けられた時」
オヴィラプトルの化石はの近くから発見された。の形が変わっていて卵を食べるのに適しているのではと考えられたので、1924年にこの名が付けられた。当時、この卵はプロトケラトプスの物と考えられていたからである。
「今では」
1990年代、そうした卵の中からオヴィラプトルの赤ちゃんが見つかった。これらの卵は、実はオヴィラプトルの物であった。つまり彼らは卵を盗んでいたのではなく、守っていたことが分かった。

モノニクス

指先一つでダウンできないモノニクス


  • 「名前の意味は「1本の爪」だが…」 親指が特に発達している。名前から、他のがないように思われるが、人差し指中指があった痕が残っている。

関連タグ

恐竜 古生物 名前

pixivに投稿された作品 pixivで「名前を変えられた恐竜一覧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント