ピクシブ百科事典

哨戒艇208

しょうかいていふたまるはち

「太陽系戦争」末期を舞台に、宇宙哨戒艇208号の活躍を描いた同人SFまんが。著者は清水三毛。

はるか未来。
太陽系は宇宙生物「天魔」の襲来により滅亡の危機に瀕していた。
人口が減った人類は、宇宙戦用の有翼少女・エンリルを大量生産して戦わせていた。

エンリルは宇宙艦の操艦用に作り出された有翼ヒト型生体ユニットで、低重力の大気圏内で行動しやすいよう、背中の翼と、鳥型の脚が特徴。神話のハーピーを思わせる女性型種属である。

土星圏の生き残り艦隊の指揮官・エンケは人類の男性で、エンリルを指揮して天魔と戦う軍人である。

ある日、エンケは作戦失敗の責任をとらされて、たった一人で旧式の哨戒艇208号に乗りこむハメになってしまう。それは彗星核を改造しただけの、戦闘艦とは言い難い船で、しかもそこには、人類への反抗を目論むエンリルたちの罠が待ちかまえていたのだ……。

本編70頁、コミティアなどで頒布中であり、通販も委託中。http://alice-books.com/item/show/3929-1

pixivに投稿された作品 pixivで「哨戒艇208」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2748

コメント