ピクシブ百科事典

嫌韓

けんかん

大韓民国(場合により朝鮮民主主義人民共和国も含む)ないし韓国人に対し、距離を置きたいと思う感情のこと。
目次[非表示]

日本における感情

 1910年に日本は、大韓帝国を併合した。戦後の日本においては朝鮮半島由来の日本人が存在した。1948年に大韓民国の建国が宣言されると、韓国は、朝鮮由来の日本人に韓国国籍を付与された。1952年4月に通達が出され、この瞬間、朝鮮由来の日本人は、在日外国人となった。→(朝日新聞1951年12月23日 「講和発効時に日本国籍喪失在留朝鮮人」)

彼らに対する反感は存在したが、一般における韓国文化に対する関心はあまり高くなく、マスコミによる印象操作( 1960年代までのマスコミおよび文化人社会主義を標榜していた朝鮮民主主義人民共和国に同情的であった )もあり、「国家としての韓国」への憎悪感は強かった。

現代日本における嫌韓の始まりは「史上最低のワールドカップ」こと日韓ワールドカップと言われている。
サッカーファンを中心に「韓国は何かおかしい」と思い始めるきっかけとなったこの大会は、「何故嫌韓なのか」を言葉で説明するよりも明確に多くを示してくれる。
特に、韓国対ドイツの試合は必見で、日本との違いが随所に現れている。

近年となって韓流ブームが話題となり、韓国文化への注目度が高まった。結果、情報の増加により日本および諸外国に対する理不尽な振る舞いや民族の問題、さらにはインターネット上の行動( 例えば過度に韓国起源説を振りかざしたり相手を下に見る態度 )などが露呈したとされ、日本国内において韓国及び韓国人に対する嫌悪感を露にする人々が目立つようになり、韓国及び韓国人の文化に対する冷静な批判(フジテレビ花王ロート製薬に対するデモ」や、一部漫画アニメ韓国人ライバルキャラ韓国料理が登場したことにより炎上」などがあげられる。)もある。

2019年現在、慰安婦徴用工等の国際合意の破棄問題を筆頭に、天皇や国旗の侮辱や旭日旗に関するデマの拡散、そもそもの歴史認識の歪みといった非礼の数々に火種が尽きる気配はない。
 
当然、特定の国家及び特定の民族、あるいは特定の地域に関する風習等に対する根拠のない憎悪をぶつけるのは、問題である。

pixivにおけるタグ

 使われ方としては、上述したように、日本におけるこの感情であり、こちら側に関するものが多いと思われる。また、マスコミ関連に対するもの、大統領に対するもの、場合によってはあちら側に対するものについて使用されることもある。

記述にあたっての注意

 この記事は「ピクシブ百科事典の目的」である「pixivタグについて解説を行う」ということにおいてきっちりと行うと利用規約に抵触する可能性が存在する厄介な項目である。
具体的に利用規約の第9条、禁止事項の該当項目を引用すると、
 ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号に該当する事項を行ってはならないものとします。禁止行為に違反した場合には、強制退会、利用停止、投稿及び編集したデータの全部もしくは一部の削除、又は公開範囲の変更等の不利益な措置を採ることがあります。
 (13)人種・民族・性別・年齢・思想などによる差別に繋がる表現を使用する行為。
そのため、以前の版には以下の記述がなされていた(一部改編)。

  • 差別につながる表現とされる本記事の記事名を本文中では一切使用しない
  • この記事は差別を助長することを目的としておらず、実在する事象・感情について解説する事を目的とすること
  • 画像についても、差別につながる可能性のあるものは掲載しない
 なお、この項目に抵触していなくても編集合戦白紙化が発生する場合がある、注意が必要である。

編集に関すること

 この記事に関して何らかの問題が発見された場合、速やかに編集(特に誤字そのままのコピペを行うこと)するよりも作品の履歴およびコメント欄などを参照し、さらにはユーザーのスタックフィードメッセージ機能などを用いて話し合いを行ったうえで編集を行うのが無意味な編集合戦白紙化を防止するためには必要である。

関連項目

朝鮮

関連記事

親記事

嫌悪 けんお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「嫌韓」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 71985

コメント