ピクシブ百科事典

学習性無力感

がくしゅうせいむりょくかん

学習性無力感とは、心理学における用語で、回避不能なストレスに長期的にさらされた人は、そのストレスから逃れようとしなくなるという状態を指す。Learned Helplessness。

セリグマンの犬

アメリカの心理学者・マーティン・セリグマンは、スティーブン・マイヤーと共に犬を対象にある実験を行った。
低めの壁で仕切られた部屋に犬を入れ、予告信号の後に部屋に電気ショックを流す。ただし、この電気ショックは予告信号後に壁を飛び越えれば回避可能である。この際、セリグマンはあらかじめ別の実験を受けた二つの集団を用意した。一方は電気ショックが回避不能な状態に長く置かれていた犬たち。もう一方は足で部屋内のパネルを押せば電気ショックが回避可能で、実際にそれを経験した犬たちである。これに何も経験していない犬たちを合わせた三つの集団で実験が行われ、どれだけの確率で電気ショックを回避できたか調べた。その結果、回避不能な状態に置かれていた犬たちは、ほかの二つの集団に比べて圧倒的に回避できた数が少なかったのである。

この結果は犬が前段階において、電気ショックと自分の行動が無関係であると学習しそれを認知した為、実験で回避できる状況となった場合でも何もしなくなってしまったためと考えられる。この「セリグマンの犬」と呼ばれる実験により、セリグマンは「回避不能な嫌悪刺激にさらされ続けると,その刺激から逃れようとする自発的な行動が起こらなくなる」という事実を発見するに至る。それが「学習性無力感」である。

症状

人は長期的に過度な身体的、精神的ストレスにさらされ、尊厳や価値観を損なうと、以下の症状が現れるとした。

  1. 極めて強いストレスが加えられる状況から、自ら積極的に抜け出そうとしなくなる。
  2. 少し努力をすれば、その状況からの脱出に成功することが可能であったとしても、その可能性すら考えられなくなる。
  3. ストレスの原因に対して何も出来ない、逃れられないという状況の中で、情緒的に混乱をきたす。
こういった症状は長期の監禁や、虐待などでしばしば見られる。また、心理教育の場においても、近年この症状は注目されている。

ブラック企業の従業員など、いわゆる「社畜」と言われる立場の人も学習性無力感に晒されている人が多いと言えるかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「学習性無力感」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 360

コメント