ピクシブ百科事典

宮守女子

みやもりじょし

漫画「咲-Saki-」に登場する架空の高等学校。
目次[非表示]

概要

岩手県の代表校。選手は全員3年生。
そのメンバーの多様性は臨海女子並みで、「銀髪」「金髪碧眼」「ミニマム」「赤髪」「長身」と、バラエティーに富んでいる。さらに顧問はこの作品では珍しく「おばあさん」(この作品の中で名前の出ている老齢のキャラは、この熊倉トシ大沼プロくらいである)。
北国の高校だからって、コタツに入って麻雀してる訳じゃあない…。と思いきや『咲日和』では部室にコタツを持ち込んでぬくぬくするエピソードが描かれ、単行本でのおまけイラストに至っては麻雀マットをそのコタツの上に敷いていたりした。

夏の全国大会の半年前に姉帯豊音が転校してくるまで、麻雀部の部員はわずか3名だった。熊倉トシの赴任を機に豊音とエイスリンが入部し、ようやく団体戦に出場できる状態になった。
特異能力系4人(小瀬川・エイスリン・臼沢・姉帯)にセンス系1人(鹿倉)と昔話の舞台、岩手に相応しい布陣のチームであり、清澄高校と並ぶ今大会のダークホース的な存在だ。

でもひょっとしたら、最も恐ろしいのは顧問なのかもしれない…。
アニメ阿知賀編にはその顧問が登場した。もちろん宮守メンバーではアニメ初登場。また、組み合わせ抽選の回想シーンでは臼沢塞が登場し、彼女が部長である事が判明した。
その後、全国編の第1話では、「まさか宮守が主役校!?」とも思えるオープニングに、ファンは度肝を抜かれた事だろう。

残念ながら、団体戦では2回戦で敗退し、彼女達の最初で最後の戦いは全国ベスト16に留まった。彼女達の能力を高く評価していたであろう熊倉トシも、他校のレベルの高さと、この結果に落胆していた。
団体戦は敗退してしまったが、チームの誰が出場するのかは明らかになっていないが、個人戦に期待したいところだ。
また、個人戦までの『空き時間』を使って、永水女子との海水浴イベントが発生した。番外編等での掲載を期待したい。切に!→ヤングガンガン2013年第22号の巻頭カラー「第119局:水着」にて、本当に実現しました。シロちゃんは、やっぱりスゴかった!

団体戦オーダー

先鋒:小瀬川白望
次鋒:エイスリン・ウィシュアート
中堅:鹿倉胡桃
副将:臼沢塞
大将:姉帯豊音

関連イラスト

来週の咲オンリーの表紙です



関連タグ

咲-Saki-
小瀬川白望 エイスリン・ウィッシュアート 鹿倉胡桃 臼沢塞 姉帯豊音 熊倉トシ

pixivに投稿された作品 pixivで「宮守女子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2626520

コメント