ピクシブ百科事典

平成31年(2019年)4月30日までのあらまし

平成28年(2016年)7月13日、天皇陛下は高齢を理由に「生前退位」の意思を示された。
明治以降、「天皇退位は天皇崩御と同義」であることから、発表は驚きをもって迎えられた。

平成28年(2016年)12月1日、皇室会議において「退位日を平成31年(2019年)4月30日」とすることを決定、同年12月8日、安倍内閣は「退位日」を閣議決定した。

平成29年(2017年)6月9日、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立し、同年6月13日公布、同年12月13日に施行期日を定める政令が公布されたことにより、天皇陛下退位の期日が、平成31年(2019年)4月30日となることが正式に決定した。

この法律に基づいて、日本政府はゴールデンウィークを挟んで平成31年(2019年)4月30日、5月1日を国民の祝日とし、「天皇陛下退位の準備」「新天皇即位の準備」を粛々と進めることとなる。

平成31年(2019年)、日本政府は新元号を「令和」とすることを発表。日を追って盛り上がりを見せていく

盛り上がりはゴールデンウィークを迎えるにあたり最高潮を迎える。
デパートやレストランなどの店舗は例年通りの営業を行っているが、一般国民の多くが休みとなり、テレビ局各局の番組も4月30日夕方から5月1に明け方まで「平成を振り返るもの」一色となり、ここに「平成の大みそか」が完結することとなった。

関連記事

親記事

カレンダー かれんだー

兄弟記事

コメント