ピクシブ百科事典

恋と成

こいとなる

『恋と成』とは、東谷文仁による漫画作品。単行本は北國新聞社より3巻まで発行。単行本未収録分(北國アクタス2015年1~4月号掲載分)はファンによる同人誌で発行。

概要
内容は主人公、原賀 成久を中心とする個性豊かな登場人物が織り成すギャグ漫画である。

登場人物

原賀 成久
本作品の主人公兼ツッコミ担当。
家が貧乏であるため体育のない日にはパンツを履かない、大人になったら履くらしい。
弁当を忘れる、身体検査の日にパンツを履き忘れる等何かと忘れ物が多い。
ガムやアメに釣られて行動するほど常に飢えている。
栄養不足からか身体能力もそこまで高くはなく、それによって様々な被害が及ぶ。


小松 恋路
本作品のヒロインである。表紙や扉絵にことが多いが、本編の登場数はそこまで多くない。
登場時は大体、成久を貧乏ネタでいじる。
第十三回では登場するのを面倒くさがる描写も描かれている。

小松の祖母
本作品の裏ヒロインとも言える存在である。第一話に成久のフィンガーテク(肩揉み)に感じ、爺さんが死んだ後の未来の旦那にしようとしている。
基本的にいい人だが、孫の恋路には「ちょっとイカれてる」と評価され成久には「完全にイカれてる」と評価された。
ついでにバストサイズはHカップ。

小松 龍助
恋路の兄。イケメンだがニートでロリコンでゲームオタク。
ブラックジャックのように世間に天才と言われながら幼女と暮らしたい。

柳田 弘
小学生とは思えない貫禄の持ち主で某男性俳優を彷彿とさせる。その貫禄から同級生たちは敬意を込めて「柳田さん」と呼ぶ。
ワイルドな性格をしており、ペットにゴリラを飼っている。
実家はスーパ-を経営している。
4年生になってからは成久の後ろの席に着く。

押水 誉
キザな性格をしているオタク(?)でストールがトレードマーク。
基本的に「気持ち悪い」の言葉でまとめられたいる。
体育の授業ではブルマを履いて周りを引かせたり、女子に悪口を言われることで興奮する等、生粋の変態である。
鞍月とその友人に虐められているが、成久と柳田の行動で虐めはなくなる。

鞍月 久安
押水に対して虐めを行っていたがバレンタインでの告白をきっかけに、押水に暴言は吐くものの陰湿な行為は止める。
白峰に次いで運動神経は良い。

白峰 草江
イケメン担当、基本的に性格も成績も良い。

丸山 貫一
通称ガンジーくん。
成久に弁当を忘れた半分弁当を分けてくれたり、身体検査の日にパンツを貸してくれたり等、非常に友好的だが実は・・・。

関連リンク

マンガ図書館Z
単行本未収録話を含めた、全四巻が無料公開されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「恋と成」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4598

コメント