ピクシブ百科事典

日本悪玉史観

にほんあくだましかん

戦前・戦中の日本のすべてが悪だったとする歴史観のこと。

概要

日本においては、主に第二次世界大戦前後の時代、戦前・戦中の日本のすべてが悪だったとする、戦後の歴史学界において主流であった歴史観である。

またはこの歴史観を批判・否定的に評価する側が使用する蔑称としても使われ、この歴史観を主張する側は戦後の歴史観を日本の歴史の負の部分をことさら強調して正の部分を過小評価し、日本日本人尊厳伝統文化精神性などを著しく貶める歴史観であるとみなされている。

これらは東京裁判(極東国際軍事裁判)による一方的な断罪、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)によるWGIP(ウォーギルトインフォメーションプログラム)による洗脳的な戦後統治、公職追放によってGHQに都合の悪い人物が重役から排除されたなどを通じて、「“日本は悪である”との考え方を押し付けられた」からとされている。

ほぼ同種の造語として、『日本悪玉史観』『東京裁判史観』がある。

関連タグ

日本 日本人 日本軍
自虐史観 歴史 捏造

コメント