ピクシブ百科事典

明神電車

めいしんでんしゃ

明神電車はかつて存在した日本の専用鉄道である。

概要

明神電車は明延鉱山から採掘された鉱石を輸送するための専用鉄道である。
当初明延から養父駅への軌道が計画されたが、住民の反対のため目的地を新井駅に変更した。
特に神子畑~明延は長距離トンネル3本を必要とする難工事で、1918年の工事開始から1929年まで完成に時間がかかった。全通により索道を置き換え、1941年には改軌が行われるなど輸送力が大幅に改善した。1945年から人車が運行され、1949年に50銭の料金を徴収するようになる。1952年からは1円に値上げしたが、この後廃止まで値上げせず、後年1円電車と呼ばれ親しまれた。1957年に新井~神子畑が廃止された。残る区間は代替手段がなくその後も運行されたが、1987年に明延鉱山閉山とともに廃線となった。
2010年からは当時の客車の動態保存が開始された。また当時の軌道のうち200メートルの再整備も始まるなど「一円電車」は観光資源として脚光を浴びている。

外部リンク

一円電車動態保存公式サイト

関連記事

親記事

廃線 はいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「明神電車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41

コメント