ピクシブ百科事典

沈みゆく大国アメリカ

しずみゆくたいこくあめりか

沈みゆく大国アメリカは、堤未果さんがオバマケアや医療がグローバル資本に狙われている事を警告する新書である。
目次[非表示]

概要

貧困大国アメリカ等、アメリカの負の側面を伝える堤未果さんが、オバマケアの危険性と日本や世界を始めとする医療がグローバル資本に狙われている事への警告を示す書である。
堤未果さんは、アメリカ留学していたが、20年位前からアメリカが自由ではなくなってきたことに感じてアメリカみたいな社会の危険性を警告している。
貧困大国アメリカでは、自由の国からブラック国家アメリカへと変貌した経緯やアメリカの現状を伝えた。
前編は、オバマケアやアメリカの医療制度の酷さを示した内容が書かれており、アメリカの医療がダメになっただけでなく訴訟社会の危険性を示している。
逃げきれ!日本の医療編は、日本韓国欧州を比較しながら各国がアメリカ化していく医療を日本を中心に取り上げる。
同時にTIsaTPPTTIPの危険性についても述べている。

この本に書かれている警告。

アメリカや日本に限らず世界規模でアメリカ化していく現状を著者は警告している。
日韓欧が特に言えるが、アメリカと言う国の変貌について良く知る上で読むと良いでしょう。
但し、中国TPPであるAIIBに関して取り上げていない点は要注意です。
なのでアメリカと中国だけでは新自由主義に飲まれる恐れがあることは確かです。

関連タグ

ブラック国家アメリカ アメリカ合衆国 TPP TTIP AIIB オバマケア 自由の国 貧困大国アメリカ

関連書物

沈みゆく大国アメリカ
沈みゆく大国アメリカ!逃げきれ。日本の医療編

コメント