ピクシブ百科事典

オフェリア・メディア・サロメ・アデル(ビクトル ユーゴの娘)・カミーユ、クローデル(ロダンの恋人)・八百屋お七・阿部サダ・など一途過ぎる心の女性です。今日では-ヤンデレ-と言われるのでしょう?
でもヤンデレの女性を狂女とは言わないでしよう。ヤンデレのボーダーライン向こう側そこに狂女はいるのでしょう。では彼女達は何故そのボーダーラインの向こう側えと行ってしまったのでしよう。
オフェリアの場合
彼女の場合はツンデレですらなかったと想われます・彼女の狂気はハムレットから溢れ出し彼女えと染み込んでいったものなのでしょう。
ー「ハムレット様何をお読みでしょうか?」
ハムレットー「言葉・言葉・言葉」
以上はハムレットの中のセリフです
オフェリアが水辺に近寄り花をつみます
危険!オフェリアは水辺に注意しながら花をつむかもしれません
危険!危険!!オフェリアは水辺から離れるでしよう
危険!危険!!危険~彼女の置かれた状況から言葉が分離し浮遊します
彼女に訪れつつある「死」という言葉さえも分離浮遊し花々を手に歌を口ずさみながらオフェリアはながされてゆきます
彼女の場合は消極的能力が強すぎたために狂女となったのでしょう

pixivに投稿された作品 pixivで「狂女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58615

コメント