ピクシブ百科事典

移動型土産屋たるたろす

いどうがたみやげやたるたろす

店長クロエネイルの能力(次元移動能力)により様々な大陸や別世界を転々としては商売をし満足すると去っていくという魔族が経営する店。土産屋と称しているが実際は食品、日用品、武具など多種多様なものを取り扱っている、何でも屋。
目次[非表示]

◆「移動型土産屋たるたろす」とは◆

土産屋と称した何でも屋。最近では風呂&宿屋などの副業もこなしている。
突然現れたかと思うと、居なくなっていたりする神出鬼没な店で、到着した大陸が
交戦状態だった場合、好んで戦場に出向きソコで商売を始めるというのが特徴。
また商品の購入の際は、その大陸の金銭のみならず同意の上で客の魂をちょっぴり頂く「ソウルキャッシュ形式」でも購入可能(この形式に関しては後日Up予定)

◆「たるたろす」メンバー表◆

名前性 別 年齢身長特技備考
クロエネイル・タルタロス10万25歳167cm(下駄込180cm)次元移動・商品開発・商売「たるたろす」店長。一人称はウチ。二人称はお客さん。知り合いである場合は名前で呼ぶ。初登場はPf5。

生い立ち

タルタロス家の落ちぶれとされ故郷を追放された後
前々からやりたかった商人として生きてきた魔族の娘。
しかし追放された事には訳があり彼女の姉であるテュランセッサの企みにより父がクロエネイルの中に封印していた「当主の力」を奪われるのとクロエネイル自身も殺されるのではないかと感じ、苦肉の策として追放した事が後に発覚。その後、父は姉の手により殺害され、その死に際に封印した力を開放する事が出来る2つの鍵(ヘイトリッド&マリーツィア)をクロエネイルに向けて託した。その事件を解決した現在、実質タルタロス家の当主はクロエネイルとなっている。


ヘイトリッド???148cm(下駄込160cm)暗記・商売・戦闘「たるたろす」の店員で在庫管理・仕入れ担当。一人称はボク。二人称はキミ。初登場はPFSR。

生い立ち

クロエネイルの中に父が封印した「当主の力」を開放する為に必要な「鍵」として遣わされた2人の少女の内の1人。クロエネイルと出会い当初の目的を果たし終えると、その後は行動を共にし「たるたろす」で働いている。「当主の力」を開放後、急激に力が減少したせいか身長が縮み、ちっぱいと化しロリへと変貌をとげた。そのことが彼女にとって唯一のコンプレックスらしい。


マリーツィア???160cm(下駄込172cm)歌唱・商売・戦闘「たるたろす」の店員で金銭管理・宣伝担当。一人称はアタシ。二人称はアンタ。初登場はPFSR。

生い立ち

ヘイトリッド同様「鍵」としてクロエネイルに遣わされた2人の少女の内の1人。当初の目的を果たし終えると、その後はクロエネイルと行動を共にし「たるたろす」で働いている。「当主の力」を開放後、急激に力が減少したにもかかわらず何故か身長が伸び、以前よりもバストアップ。ナイスバディへと変貌をとげた。彼女にとってはどうでもいい事ではあったが相方のヘイトリッドが時折みせる突き刺さるような視線が痛いらしい。


タルタロス・ゴーレム???250cm雑務「たるたろす」の店員で主に接客担当+雑務全般。一人称は自分。二人称はお客様。クロエネイルに対しては店長。ヘイトリッド&マリーツィアに対しては姉御。初登場はPFW&K。

生い立ち

クロエネイルに召喚され店員として使われている。「たるたろす」の中では一番の古株にあたり、ヘイマリ(ヘイトリッド&マリーツィアの事)が加入以前には在庫管理・仕入れ・宣伝等など、多岐に渡って仕事を担当していた為か時折ヘイマリに仕事の事でアドバイスしている姿を目にする事がある。
腰が低く、流暢な喋りをするせいかお年寄りに人気が高い。
信じられないがゴーレム達が被っている金色のバケツ(契約のヘッドギア)を外すと召喚当時の女性の姿に戻る。(その姿はPFSRにて登場)

◆クロエネイルに関係するキャラクター達◆

名前性 別 年齢身長備考
メイジュ??????クロエネイルが「たるたろす」発足時にスペシャルアドバイザーとして一役を担った魔族の商人。見た目はロリだが実際はBBAで当時は仕入れ・商品開発など担当していた。



テュランセッサ・タルタロス10万28歳170cmPFSRにて登場。一人称は妾(わらわ)二人称は汝。タルタロス家の長女でクロエネイルの姉。

生い立ち

父が持つ「当主の力」を狙い殺害するも前々から察していた父がクロエネイルの中に封印し追放していた為入手できず、後にその事が発覚しクロエネイルを追って次元から次元へと渡り(クロエネイル同様にポータル能力を有している)選りすぐりの部下クリピルーユルイン
アンフェールを従え降り立った。大陸で起きていた戦場を暇潰しと称しメチャクチャにするほどの力の持ち主であったが最後は「当主の力」を開放したクロエネイルの手によって次元牢に封印されてしまう。(※PFNWのクロエネイルが首からかけている赤い鍵は姉を封印している牢の鍵)


ディアスティマ・タルタロス???350cm魔界の中で一目置かれるタルタロス家の前当主にしてクロエネイルの父。

生い立ち

力こそ全てであり魔族たる者は他者から奪い踏み躙ることこそが美学であり誇りという家訓を胸に生きてきた。しかし結婚し妻がテュランセッサを産みクロエネイルを宿した状態で不運にも共に「灰の掌」に召喚されてしまう。そこで妻と子を守りながら熾烈な戦いを生き抜いた事によって奪う側から守る側の気持ちを理解し、同じく熾烈な戦場を駆けてきた妻の「これからは他種族との共存を」との痛切な一言が胸を打ち家訓を捨て、新たに他種族との共存を娘達に諭すが、その事が彼にとっての悲劇の始まりとは知る由もなかった。尚PF自体には登場しておらず、アフターで登場予定。


クレアシオン・タルタロス???180cmクロエネイルの母。

生い立ち

魔界でも名の通った名門に生まれ、名門通しの交流という形で出会ったディアスティマに一目惚れし交際をし、その後結婚。おっとりとした性格で魔族に似つかわしくない「他種族との共存」という発想の持ち主。(結婚当初の父にとって妻の唯一気に食わない所であった)そんな性格をしつつも武芸には長けており中でも双剣の技術はズバ抜けており父も敵わぬ程の腕前であったが戦闘自体を好まない為、実際使うことはあまり無かったという。テュランセッサを産み、クロエネイル出産から3年後に病死。愛する夫に最後まで「他種族との共存の道を」と言い残しこの世を去っていった。この事により父は娘達に共存を諭していきクロエネイルはそれに共感し、母の遺言を胸に生きてきたが姉のテュランセッサは突如として不抜けた事を言い始めた父に対し憎悪の炎を徐々に燃やしていった。父同様にPFには登場しておらず、アフターで登場予定。

◆「たるたろす」に関係する施設◆

名前備考
プッペ号「たるたろす」が使用しているペット兼、出店。プッペという生物に出店を引いてもらい移動しつつ商売を行う。


テスタロッサ城クロエネイルの実家にして「たるたろす」の本店。クロエネイルが当主になってから改築と改造を繰り返し、元の城の面影は殆どない。超巨大なゴーレムの頭上に存在しており普段は別次元の中に存在している為見ることが出来ないが城の自慢である風呂を一般開放し、宿泊も可能とした宿屋&風呂屋の副業を始めてからというもの見かける回数が増えた。現状では飛空艇を始めとする空を飛べるモノにて来場可能となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「移動型土産屋たるたろす」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7485

コメント