ピクシブ百科事典

空前の糖質ブーム

くうぜんのとうしつぶーむ

Youtube、ニコニコ動画で使われているタグ

YouTube」や「ニコニコ動画」に投稿されたことで話題となった。
行動のおかしな人は以前から投稿されていたが、彼らの行動はそもそも病気によるものなので
話題に挙げること自体が長年タブーとされ、見向きもされなかった。

「ニコニコ動画」では、タブーとされていることを編集して動画にするという文化があるのだが、近年の運営会社の方向性の変更によって、客層が大きく低年齢化したこともあり、今まで慣れ親しんだスタイルの動画がランキングに上がらなくなったため、話題性のある動画に偏りが生じるようになったために、近年爆発的にこうした動画が増えている。

昔のニコニコ動画であれば、動画編集のネタといえば、芸人のコントや、有名なゲームのギャグシーン、バカゲーなどが材料だったのだが、それが飽きられるとゲイポルノビデオいわるる釣り動画や、トラウマ要素のあるゲーム、誰が得するのかもわからない意味不明な動画に、コメント職人が内容を誤解するような面白いコメントをつけたり、一部の技術者がそれらの動画を材料に全く新しくアレンジして投稿したりする文化が流行った。
動画加工が下火になっていくと、初音ミクやゲーム実況、歌い手が出現し、歌い手や実況者のスキャンダルニュースがランキングに上り始める。
2014年の政治家や相次ぐ有名人の不祥事が「キセキの世代」とネタにされたことを皮切りに、政治家や、有名人、YouTuber、淫夢動画など、本来であれば今までタブーとされていた領域(敬遠されていたジャンル)が、ネタとして取り上げられるようになった。
近年では特に、統合失調症になった一般人の行動が面白いとネタとされ始めている。
(本来なら、そういった障碍者とおぼしき人々にちょっかいを出す行為や、彼らを盗撮し、ネット上に掲載する行動について責められるべきなどだが、そちら側は話題にならないどころか、「勇者」としてよくやったと言われる始末である。)

糖質四天王

  • ゲームのカード落としちゃった
  • 性の喜びを知りやがって
  • aiueo700
  • 妄想戦士さゆり

行動の珍しさ、常識人では絶対にしない行動が話題になる。
念のために言っておくと、彼らはあくまで一般の人であり、一目で何かしらの精神に障害を抱えていると分かるレベルである。精神障害や発達障害は100人に1人いるとされ、誰にでも起こりうる症状であり、明日あなたが発症する可能性もある。
珍しい人間がもっと見たいという人々によって祭り上げられただけであり、動画のネタにされたことで一円のメリットもなく、彼らを擁護する声も、火消しをするような能力も無いのが現状である。
特異な行動をしているからと言って、動画を視聴しているだけの人に直接迷惑をかけているわけではないということを忘れてはならない。

近年までネットの普及で共通認知が増え、糖質キャラクターとして定着され始めている。

糖質キャラクターの特徴
統合失調症が有害なものだという印象づける動画や、彼らの肖像権を無視して作成された編集作品が多いのは事実だが、実際に犯罪率は非常に低い。

彼らにおいても、トラブルは避けたいため普段は平静を装っているのだが、誰もいない場所で奇怪な行動をしたり、考えていることが口に出てしまうために、早々に周囲からに嫌悪の対象にされてしまう。
暴力的になるのではなく、常に「何か」に追い詰められているためのストレスから、他人に対して狂暴になるケースが多い。
自分の悪口を言われていると思い込むタイプもあり、ストレスが増えると本当に悪口を言われている幻聴が聞こえるようになる。これはストレス障害によって耳が聞こえなくなる症状と、幻聴が重なるためにそう錯覚するものであり、誰かとの会話中に突発で発症するため、相手の口の動きに合わせて聞こえることがある。

相手が嫌いだからという理由ではなく、自分の中で吐き出したい何かをそこにぶつけているだけであり、制御できないため気の済むまで何時間でも攻め続ける。また、しゃべっている間はストレスなどで朦朧としていた脳が活発的になるためにすごく饒舌になる。
現在思い浮かぶ言葉の中で強烈なものを、相手の気持ちを考慮するブレーキなしでぶつけるため、おのずと危険なワードが増える。語彙が無いものだとバカ、クソなど幼稚な単語が多くなる。また過度なストレスにより汚言症(汚い言葉を反射的に口走ってしまう病気)を発症している人もいるために、攻撃的な人物だと勘違いされがちである。

人に対する暴言・暴言を自己防衛として発動させているため、結果的に物を壊したり人を傷つけたとしてもそれを考慮する余裕がなく、反省もしない。

例えば、公共の看板などを理由なく殴る人がいるが、
「壊しましたね」という問いにはまず「壊していない」と答える。
彼らの言い分的には、今たまったストレスを自分がおかしくなる前に少し発散させただけであり、看板が結果的に壊れただけであって。それだけのことを過剰に攻められるのはおかしい、叱る奴がろくでもない人間だという受け取り方をする。
状況を事細かに説明されても、その時にはパニック状態に陥っており、自信の言い分を考えることで頭がいっぱいになっていることが多く、その時にどういう力加減をしたのかも覚えていないため、どう物が壊れたか説明されても、自分は予測できなかったと弁解するか、支離滅裂な説明を始める。
最終的に話し合いで最小限の示談金をで済ますことができても、一方的に言いがかりをつけられて金をだまし取られた、あいつらは仲介者(警察)を含め悪い組織の一団だ、などという記憶で上書きしてしまう。

自分がなぜ責められたのかを正しく認識する心の余裕がないため、警察、政治団体、暴力団(ヤクザ)、不良グループ、自分の所属する組織(会社など)の反対勢力など、大きな組織に自分が狙われているだけだという置き換え方をするのも特徴である。
社会に属している者なら、全て誰か個人、または集団が自分を追い落とそうと策略していると思い込むケースが多く、社会に属しない者は、集団ストーカー等という造語を自分で作り出し、存在しない相手を自分の頭の中で妄想し、広げ、怯えてしまう(誰が何と言おうが本当にいると思い込んでいるケースが多く、その延長で夢に出てきたり、日常的な幻覚として見えたりする)。

自信が健常者であると思い込んでいるため、警察は分かってくれるという考えから、通報という言葉を何度も口に出す。また、通報するぞという脅しに関しては、自分が病気を持っている弱者なので警察が優先して守ってくれるはず誤解を持っており、実際に逮捕されそうになると自分の病状を事細かに説明し始める。事実を確認されれば自分が悪いことになる(100%勝てるわけではなくなる)ため、相手を病気の自分を虐げようとする悪人だと印象づけ、少しでもその場で自分の有利な方向で解決しようとする。
また、同時に相手や仲介人(警察)を呆れさせることで、「ハイハイ、もういいですよ」と言ってもらえるのを待っているフシがある。このような経験(ゴネて得した事)がある場合、この手段が習慣化する。
また、彼らは加害者側であるパターンが多いため、自分で警察を呼ぶ(警察は呼んだ側が有利になると思っている)も、警察がが対処してくれない(味方になってくれない)ことが多く、軽くあしらわれたり、話を最後まで聞かずに病院を紹介されたりすると「警察は悪の組織」という極端な結び付け方をする。

その場では反省しない(自信の状況を冷静に判断できるような精神状態ではない)事が多い統合失調症ではあるが、事件を起こしたり、間違いや行動を指摘された後に、不意に思い返すこと(フラッシュバック)がある、自分はなぜあんなことをしたのだろうと自己嫌悪に陥り、非常に大きなストレスとなるため、結果的に異常な行動がさらに増えるといった悪循環に陥るのである。
フラッシュバックは事の大小ではなく、夢を見る、テレビを見ていて自分の経験に近い情景が写るなど、何かのきっかけで起こるとされる。

pixivに投稿された作品 pixivで「空前の糖質ブーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9589

コメント