ピクシブ百科事典

羽川翼

はねかわつばさ

羽川翼とは、『化物語』および『物語シリーズ』の登場人物である。
目次[非表示]

「何でもは知らないよ。知っていることだけ」

概要

CV. 堀江由衣
つばさキャット」、「つばさファミリー」、「つばさタイガー」のメインキャラクター。
猫に魅せられ、虎に睨まれた少女。

解説

原作小説において、表紙に登場する回数が最も多い。

化物語の前日譚である『傷物語』において彼女のとったある行動が、この物語の全ての起点となっている。

暦のクラスメイトで学校では常に眼鏡に三つ編み姿。成績は常に学年トップの優等生。
中学時代は戦場ヶ原ひたぎ神原駿河と同じ学校に通っていた。
阿良々木暦は彼女を友人として高く評価し、忍野メメはその優秀さゆえの脆さを指摘する。
「戦場ヶ原」と「ひたぎ」という単語の意味をその場で言えるほどの物知りだが本人曰く「何でもは知らないよ。知っていることだけ」とのこと。暦の「お前は何でも知ってるな」という台詞に対してこの台詞を返すのがお約束になっている。(ちなみにこの口癖、西尾維新が敬愛する森博嗣の著書の登場キャラクター、国枝桃子女史のセリフが元ネタとなっている)

作中では『着痩せする』ようであるが、そのプロポーション(特におっぱい)は作品内に登場する女性の中でもトップクラス。
つばさキャット其ノ参配信後は「怒るよ?」な絵が多々投稿された。
主人公の暦に好意を抱いていることを、彼の恋人であるひたぎに対して公言しており、ひたぎの無茶に対し『阿良々木君に告白する』(横取り宣言)と脅すなど、駆け引きもひたぎより上手である。

彼女の怪異の名は『障り猫』。通称ブラック羽川
長年蓄積された彼女のストレスが、怪異という形で顕現したものである。本来は低級の怪異であるが、彼女の頭脳が加わると、とんでもなく凶悪な化物にレベルアップしていたり。
原因は、実母の再婚相手の再婚相手である女性とその再婚相手である男性の元で暮らすという複雑な家庭環境におかれていたため。彼女は自宅に『自分の部屋が無い』ということが『普通』だと思っていたほど屈折した家庭環境で育ったのであった。それでも「普通」であることを自らに課した事もそのストレスの要因であった。休日には家に居たくないが為に「散歩」をしているという事が作中で語られている。
しかし、彼女の最大のストレス要因は…

偽物語』では、「いめちぇん」と称して、髪を切って三つ編みをやめ、眼鏡もコンタクトに変えている。(そのため、からは「元」委員長と言われた)

羽川翼
羽川翼


高校卒業後は、NGOに参加して海外の紛争地帯で活動していることが、『花物語』で語られている。

関連イラスト

センシティブな作品
羽川翼


眠り姫まで、王子のキスを
イヒ


sugar sweet nightmare


ブラック羽川

白?黒?
にゃーん


関連タグ

化物語 傷物語 猫物語
阿良々木暦 ブラック羽川
化物語CP

関連記事

親記事

化物語 ばけものがたり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「羽川翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20107734

コメント