ピクシブ百科事典

1. 素材の磨耗
 素材の磨耗は、2つの素材の接触・すり合わせ等により磨り減る事等から生じるが高価な素材等は、そのライフを持たすためしばしば硬質めっきが行なわれる。
 素材の磨耗を防止する方法は、他にすべりをよくするためコンポジットめっき等が行なわれる場合もある。

2. 耐磨耗性めっき
 耐磨耗性には、硬さを目的とした硬質クロムめっき、ニッケルコバルト合金めっき、コバルトタングステン合金めっき等があるが、一般適には硬質クロムめっき、無電解ニッケル‐リンめっき後の熱処理によりクロムと同等の硬さを得る方法、無電解ニッケル-ボロンやBN(窒化ホウ素)、SiC(炭化けい素)、Al2O3(アルミナ)、TiO3(チタニア)、ZrO3(ジルコニア)、C(ダイヤモンド)等の硬質のセラミックスを添加しためっき浴からコンポジットめっき(無電解めっき法、電解めっき法等)を行なう方法が行なわれている。
また、イオンプレーティング(TiC、TiNコーティング)、PVC、CVD、表面改質、浸炭、窒化、陽極酸化、溶射、塗装等により行なわれている他、DLC(硬質炭素(ダイヤモンドライクカーボン))膜を乾式めっきプラズマCVDあるいはレーザーアブレーションとスパッタリングを併用しTiC(炭化チタン)やWC(炭化タングステン)等の硬質微粒子分散膜として作成し、特性研究が行われている。
参考 http://www.jod.or.jp/jod-metuki/metuki_mamou1.html

すっとこどっこい 耐摩耗性

pixivに投稿された作品 pixivで「耐摩耗性3倍です」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1072

コメント