ピクシブ百科事典

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪(ゲーム系)

じぶんがあくだときづいていないもっともどすぐろいあくげーむけい

この項目は「自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪」の要素を持つゲームに登場するキャラクターを記述しています。
目次[非表示]

注意

  1. この項目には過度なネタバレと主観的な記述を含みます。 閲覧の際には十分注意してください。それ故に厳密な真偽はご自分の目で確かめる事を推奨します。
  2. この記事は、あなたが最低だと思う悪党を書くところではありません!
  3. 『自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪』の定義はまだまだ未完成です! きちんと記事の悪党を閲覧し、コメントで議論を重ねてから記事を載せて下さい!
  4. なお、定義については親記事を参考にしてください。
  5. 個別項目の長さは『本文:5~10行程度+セリフ:3行以下の3つまで=トータル:10~15行以下』を目安になるべく簡潔にお願いします。
  6. また内容は「主観」を避け、「同業者と一線を画した部分」を重点的に書くと、読みやすくなると思います。
  7. 誤字脱字やリンクの修正などを除く項目追加・項目削除の際はコメント欄と「編集内容」に詳しく編集の意図及び内容を提示して下さい。
  8. 新しいキャラを追加する場合はそのキャラクターが何らかの顛末を迎えていることを条件とします。まだ完結していない作品の場合は特に遵守してください。
  9. 現状、pixivにおいて「自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪」は、本来の「邪悪の一形態の表現」という意味を離れて、単に気に入らない作品やキャラクターを攻撃・中傷するアンチ目的のユーザーに便利に多用されてしまい、扱いの難しいタグとなっているのが実情です。

ここ以外で使用する際は他の編集者の意見も伺う等して、キャラヘイト目的のアンチユーザーと思われないよう慎重に行いましょう。


バンダイナムコゲームス

スパロボシリーズ

スーパーロボット大戦Zシリーズの戦乱の全ての元凶である高次元生命体にして根源的災厄の正体であり、喜びのアドヴェント怒りのドクトリン哀しみのサクリファイ楽しみのテンプティの四人で構成された一団。人造神「至高神ソル」に仕え神の力を行使する存在であり自らを「全ての存在の頂点に立つ者」と自称しているが、四人揃ってその精神構造や思考は醜悪なまでの傲慢さと独善に染まりきっており、自分達こそが全ての至高の存在であると自惚れると共に自分達以外の存在全てを見下し、シンカを果たした存在として他の種を導くという本来の使命を行使する事無く、その独善によって数え切れない数の銀河や命を滅ぼし、多元世界に戦乱の種をばら撒き続けたという、究極のエゴの塊ともいえる悪意に満ちた存在である。自身の目的や欲望のために他者の命を弄び踏み躙る事も何とも思っておらず、本作の主人公であるヒビキもまた、彼らに人生を狂わされ、踏み躙られた者の一人である。しかしそんな彼らも最終的にはZ-BLUEの前に遂に屈する事となり、ドクトリン、サクリファイ、テンプティの三人はアドヴェントにより至高神Zを生み出すための生贄として彼に吸収される末路を辿り(ドクトリンとテンプティに至ってはアドヴェントに必死に命乞いをした挙句の最期という特に無様且つ惨め極まりない小悪党そのものな最期だった)、自ら神となって理想の世界を創造しようとしたアドヴェントもZ-BLUEとの最終決戦にて敗れる事となった。

モノリスソフト

巨神界の創造主であり、機神メイナスと対をなすもう一柱の神で、巨神の魂。自分以外の存在を一切認めようとしない排他的かつ傲慢な性格の持ち主である。
モナドとは不可分な関係にあり、モナドが砕かれない限りまず滅びることはないが、自らが存続するためのエネルギー源として、また、活動のための肉体として巨神界の生命を必要とする。モナドを手にした者の内に宿り、その者の肉体を依り代とする。因果を手中に収め自由自在に未来視を見ることができ、監獄島の周囲を結界で覆ったりするなど、強大な力を持つ。
14年前、モナド探索隊に参加していたシュルクをアガレスに代わる新たな依り代として選んだザンザは、シュルクが自らの器として成熟するまで内に宿り潜伏していた。そして、機神界中枢でディクソンの手によりシュルクが意識を失うとともに目覚め、シュルクの身体から離れ、モナドを取り上げる。その際の姿は、シュルクに瓜二つの容姿に、光の翼が生えたものとなっている。
その後、監獄島を巨神胎内に沈め、ハイエンターをテレシア化させ、「世界の破壊と再生」を実行すべく行動を開始する。記憶空間内の最終決戦ではシュルクと瓜二つの姿から、仮面を付けた姿に変化し、さらに第二形態時では巨大な鎧を纏った姿となり、また手にしているモナドも巨大化する。最期は自らのモナドを手にし、神に等しい力を手に入れたシュルクの一撃により敗北、消滅した。
かつては神ではなく、現在の世界よりも前に存在した世界の人間で、前世ではクラウスという名の一人の研究者だった。相転移による実験で、人間が神に近づく研究を行っていたが、その探求心で新たな宇宙を作りだす実験を同僚(後のメイナス)の制止を振り切って強行、その結果として自らの世界を滅ぼす事となり、また同時に新たな世界を創り出してその世界の神となった(人間の頃の記憶はなく、同時に自身の正体も知らなかった)。
巨神として新たな生を受けた際、孤独であったが為にメイナスと共に生命を生み出し、世界を構築したが、いずれ訪れる「自らという個の意識」の消滅を恐れ、テレジアを生み出して生命を刈り取る事で、永遠に破壊と再生を繰り返す世界を持続させようとしていた。また、自らと同じ理想を抱いてくれる友の存在もまた同時に望んでいたが、結局は神としての誇りを捨てられずその思いが他に届くことはなかった。

「驚くことはない 世界の全ては因果の流れによって律せられている」
「我から生まれ出た生命は全て我へと還らねばならない。我が存続する為には、一つの秩序ある形に戻さねばならない」

アーケディア法王。青い肌が特徴の男性。500年以上生きているがそれを感じさせないほど若々しい外見をしている。第一印象では穏やかな印象を受けるが、本性は狡猾かつ冷酷な性格。人間や世界を激しく嫌悪しており、ブレイドのことも単なる道具と見なしている。
唯一楽園に辿り着いたことから自らを「神の意思の代弁者」と称しており、人間やブレイドが変化し進化すると自分の存在が消えてしまうと考えており、自分を脅かす者は徹底的に排除しようとする。
ジークからなぜ人間を嫌うのに難民を受け入れるのかと聞かれたときは、人間がどういう存在であるかを忘れないようにするための戒めだと答えている。ジークを助けたのもサイカの必死に助けようとする姿が幼少期の自分と重なって見えたからであり、悲しい顔を見せながら答えた為、人としての心がまだ捨て切れておらず、ジークはそんな彼の心情を見抜いていた。
幼い頃、山中にて母親を夜盗に殺されてしまい、憎しみに駆られ夜盗の寝込みを襲い撲殺した。大人になり教徒として救民活動をしていた頃、自分が助けた兵士が金銭目当てで民家を襲う姿を目撃し自分の手で始末した。これらの体験から人間ひいては世界そのものに強い憎悪を抱くようになった。この憎しみがメツに影響し、メツは世界の消滅に拘るようになる。
500年前、神に会うため世界樹を登り楽園に辿り着き、その証としてヒカリとメツのコアクリスタルを持ち帰る。だが同調させたメツは自分の下を離れ聖杯大戦を引き起こしてしまい、メツを止めるためヒカリを誕生させようとしたが出来なかったため、同調できる者を探しメツを倒させようとした。メツが自身の元を離れる前、破壊願望が強く出ていなかった為、メツに「それがお前の本心だ」と言われても認めようとしなかった。聖杯大戦終結後、天の聖杯の力を恐れるあまり古王国イーラの残党軍を襲撃し滅ぼした。
天の聖杯のドライバー「マスタードライバー」であり、全てのブレイドを従えることができる。自分のブレイドであるファンのコアクリスタルの半分を取り込んでおり、ブレイドとアルスの制御能力を得ている。世界中のコアクリスタルを管理し洗礼していたのは自分に取り込むより優秀なコアを選別するためだった。
レックス達やイーラが世界樹に辿り着くとアーケディアのアルスを率い世界樹に現れ自らの手でイーラを始末しようとする。イーラが自身の能力の影響を受けない人工ブレイドを投入すると、インヴィディア・スペルビア・ルクスリアのアルスを呼び寄せる。だがレックス達によって各国のアルスを解放されてしまい、サタヒコが操作するイーラの戦艦マルサネスの特攻によりアーケディアを沈められる。無数のコアクリスタルで作った「神鎧」を纏い、楽園を目指すレックス達を襲撃し世界樹と一体化しようとしたが、シンの最後の力によって消滅させられた。

「ブレイドが、神がこの世界に遣わしたものなら、それは私のため。より強く、より革新的な類い稀な情報を宿したコア。その選別のために、私は洗礼を始めた。その結果がここにある。」
「天の聖杯の力を忘れたか?あの力、生きるに値しない存在を消し去る力が天の聖杯にはあるではないか。それこそが神の意思ではないのか。」
「(人やブレイドが)変わる必要などあるものか。変われば、全てが消える。私が消えてしまう。それに耐えられる者などいやしない。」

関連タグ

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 吐き気を催す邪悪 悪意のない悪意

関連記事

親記事

自分が悪だと気づいていない最もドス黒い悪 じぶんがあくだときづいていないもっともどすぐろいあく

兄弟記事

コメント