ピクシブ百科事典

茨凜

いばらりん

『賭ケグルイ』関連の作品の中で、尾喰茨×尾喰凜のBLカップリングが描かれた作品に付けられるタグ。
目次[非表示]

概要

コミックス『賭ケグルイ』11巻がメイン登場回であった百喰一族の分家、尾喰一族の二人組。
二人の間には主従のような関係が成り立っている。
詳細についてはコミックスのネタバレとなるので、現時点では割愛させていただく。

関連イラスト



別名・表記ゆれ

いばらりん いばりん 茨×凜 尾喰茨×尾喰凜

関連タグ

賭ケグルイ 百喰一族 尾喰凜尾喰茨

詳細(ネタバレ注意)

茨凜の最大の特徴としては、とにかく対称的という点である。
凜は思慮深く、感情を表にあまり出さない、通常は温厚な性格、制服は着崩さず、常に模範生、そして尾喰家直系の跡取り息子、ただし生まれながらにしての嘘吐き、それに加え人を見放す時にはバッサリと切り捨てる冷徹さを持つ。
対して茨は考えるより行動が先に出る、思っていることが顔に出やすい、凜以外に対しては感情的になりやすく時には暴力的な手段をとる、制服は着崩し耳にはピアス、どちらかというとヤンキーに近いファッションをしており、尾喰家の傍系の子供であり、稼業の詐欺を生理的に受け付けることが出来なく、いわゆる不肖の子とされてしまっている(11巻における凜の発言参照)。ただ、正直者であり、また発言の仕方のせいか、誤解されやすい性格であるもののムードメーカーでもあり(賭ケグルイ9巻106ページ参照)凜に一族からの除名宣言を受けるという酷い仕打ちをされようとも、常に凜と共に居続ける人情の厚さも持ち合わせており、(賭ケグルイ11巻251ページ~260ページ参照)心優しい人物でもある。

共依存も、このカップリングの特徴でもあり、を二人の間の絆にしている。
茨が壊れかけた時には凜が助け、凜が壊れたら茨が助ける。片方が周囲に見放されようとも、必ずもう片方が味方になる、切っても切り離せない関係。
嘘から始まり、嘘で壊れかけ、嘘でより強くなる、まさにで成り立っている関係なのである。(詳細は本編が美味しく語ってくれるのでこちらでは抽象的な説明をさせてもらう。)

カップリングの属性としては凜が茨に対して素直になりきれない、茨は凜に対して気持ちをセーブしてしまい、他のキャラクターに対する態度と比較してずいぶん消極的であるところから、飼い主に対しては忠実な犬のような感じであることから、わんこ攻め、解釈によってはツンデレ受けヘタレ攻めも当てはまる。
捉え方に関しては個々の自由度が比較的広いカップリングである。
個人の見解としては主従関係がキーワードにもみえる。

蛇足(以降はあくまでも推測であり公式からの正式な情報ではないので注意)
尾喰家の邸宅と思われる建物に植えられている花(11巻260ページ参照)加えて幼少期の凜が持っていた花(11巻245ページ参照)が花の形が似ているという理由から同一種であると想定した場合、ナニワイバラ(バラ科バラ属つる性低木、中国南部台湾原産)であるという考察がファンから挙げられている。
ちなみに花言葉は『清純な愛』(※諸説あり)。
また、花径は7~8㎝ということもあり、凜の顔の横幅(11巻245ページ参照)を、大人よりは小さいと思われる(子供の顔の横幅の平均の、的確といえるデータが存在しないようなので、割愛させていただく。)ので、16㎝以下、最低でも10㎝以上はあると思われるため、花のサイズから見ると比較的正確である。
ただし、現時点では木の全体の様子がわからないので(11巻260ページ参照)、確実とはいえない。

pixivに投稿された作品 pixivで「茨凜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22640

コメント