ピクシブ百科事典

退魔協鑑

たいまきょうかん

暇人のひとりあそび 中二っぽい架空の退魔師の組織の人員名簿をだらだら作って ダラダラあげていくという遊びですがわたしは何をしているのか。 設定が増長になりそうだったので 思いついたら追記しま

退魔協(JES、日本退魔師事業協同組合)

戦後、全国退魔士の重鎮が作った国内退魔士の互助組織。
主に依頼の仲介とランク分け、国際検定など資格の認定などを行っている。
総本部は関西。支部は市街の貸しオフィスやら協会所属の寺社仏閣、教会など。
大支部の下に拠点が点在している。

術者の流派やら使役の能力などを登録すると
本人のランクに応じた仕事の中から任意に選択、請け負う事が出来る。
相手の能力傾向の調査や事後処理の代行などもある程度行ってくれるため、
個人営業の退魔士には重宝とされるぶっちゃけるとハロワ。

基本的にどのランクの依頼を受けるかは自己責任だが、失敗した場合
可能であれば専任の退魔士による救助なども行ってくれる(経費は本人に別途請求)

因みに
依頼ランク
甲種:尻尾が片手で足りない狐など上級の妖、財閥単位の呪い返しなど
    下手を打つと三桁の死人が出るクラス。相場は億単位。
乙種:井戸から這い出てくる心霊、中級妖、団体単位の呪い返しなど
    下手を打つと二桁の死人が出るクラス。相場は千万単位。
丙種:ヤバげな地縛霊、下級妖怪、個人向けの呪い返しなど
    下手をすると死人か廃人が出るクラス。相場は百万単位。
丁種:そこらの浮遊霊、下級妖、逆恨み返しなど
    下手をすると担当退魔士が廃人になるクラス。相場は数万単位。

能力ランク/危険度
SS~C(+有)協会で判定。日ごろの依頼完遂率によって上下することも。
S~が多いのは中二の呼び声によって。
SS 海外でも名前聞こえる。
 S やんごとない組織に所属する程度/都市一つつぶされる程度かつそれなりの知名度
 A 国内ではそれなり/討伐依頼が甲種に入る程度
 B いぶし銀の中堅/討伐依頼が乙種に入る程度
 C 退魔師のかけだし/討伐依頼が丙種に入る程度
 D 霊が見えます/討伐依頼が丁種に入る程度

近衛九家
さるやんごとない旧家に数字入ってると楽しいと思った。()内は分家とかが使うサブ漢字。
何となくイメージでジャンル分けしてるので【大体そんな感じ】でひとつ。
1378あたりの出が国家機関に多い。9は当主だけで実質絶えてるうえに最初から忌番
478あたりは室町くらいの派生でちょっと歴史浅い

一神(一・守・神)ひかみ
神道 陰陽寮とかの主幹、最も古くて格上。秩序みだすやつ容赦しない。

芙二(不二・富士・藤)ふじ
陰陽&仙道 鍼灸系の治癒術に特化。ついでに風水が得意。不二江田は分家

三嵜(御・崎)みさき
陰陽 星見。退魔協会長。

四忌(志・岐)しきみ
早いうちから魔術に傾いた家。西洋かぶれで錬金が得意。なぜかわりと官僚がでてる
土着の教義とかにも造詣が深いデータ好き。効率よければ何でもいい。

五識(石・木)いしき 修験・神道。モノ造り。
刀打ちとか特定の武器に執着する傾向がある

六道(陸・堂・道)りくどう
仙道派生。素手ゴロ得意。身体強化とか中心で肉体派(魔術)師の家系
得意とする術の傾向から自己研鑽に傾いてしまったため現行ではほぼ実効がない。

七寶(七・宝)しちほう
忍者っぽい。て言うか忍者。神道&密教系。めくらましとか幻術得意。
家紋は七宝の変形。

八咫(八尺・坂)やさか
表の国防系とか担う。神道系。
警護武者から派生しているため術の素養とかは割りにお粗末。

九錠(九条・九)くじょう
密教・陰陽・神道ちゃんぽん。退魔協会の資料・倉庫管理の重役
伝説だけ名門な倉庫番。家紋は九星。

pixivに投稿された作品 pixivで「退魔協鑑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1179

コメント