ピクシブ百科事典

差別戒名の一種である。
日本で連寂という場合は、「畜生の男女、皮剥きの者にこれを用いる」と言われる。
そして最後に「◯◯ト」を付ける。
これは「歩霊」を表しており、十分の一にも満たない魂という意味である。
今なお差別戒名に従う弊習が大きな問題となっている。

コメント