ピクシブ百科事典

電子植物

でんししょくぶつ

電子植物とはネット上に生えている植物のこと。実際に存在しない。 イグナー・アナの作品タグ。
目次[非表示]

電子植物

電子植物とは

・ゴミファイルや一時的ファイル
野草として生えている。

・Webサービス(Twitter、フェイスブック)
人が多く集まるため、街となっている。
雑草が多い。

・創作Webサービス(ピクシブ・YouTube)
規模が大きいため森となっている。
街と同様、雑草が多い。

・個人的サイト
綺麗に掃除されているのか、あまり雑草は見かけない。
不思議である。

  • リンク
Webサービス共につながる世界は手が付けられていないのか
自然豊かな世界が広がっている。
ネットの通信状況で地形や植物の生え方も異なる。

電子植物の種類

  • nintendeyasiu


うごメモワールド展示場で(うごメモワールド)で生えていた野草。 おそらくnintende固有種(一時的ファイル)の草花。

野草と花


本来、花のしぼうと呼べれるところが成長しているかしていないかで区別ができる。

花(しぼう成長)
データが含まれる花。作業虫が、データを取り出すとき、花が開く。
普段は、花を閉じている。

野草(しぼう細):
一般的にゴミファイルが蓄積されるほど成長する。
または、レジストリや、一時的ファイルもこの花になる。

世界観

インターネットの中の世界。
電子世界は目には見えないが、目には見えない美しさが存在する。
それが電子植物なのだ。

電子植物でのセキュリティ

”https://”やセキュリティがかけられたところには
オオスズメバチを思わせるような大きなハチが巣を作り、監視し、
データを膨大に含んだ、電子植物を守っている。

似類語

電子野草

関連タグ

オリジナル イラスト

コメント