ピクシブ百科事典

電王手くん

でんおうてくん

将棋ソフトの代指しを務める将棋ロボット。
目次[非表示]

概要

故・米長邦夫永世棋聖の提唱により始まったプロ棋士と将棋ソフトの平手真剣勝負「電王戦」。
第二回まではソフトの代指しを人間が務めていたが、「コンピュータVS人間、という構造を上手く絵に出来ていないのではないか」という指摘を受け、自動車部品会社のデンソー約一か月という短期間で製作、第三回電王戦で各ソフトの代指しを務めることとなった。

構造

自動車のボディのスポット溶接に使われる6軸式のロボットアームの先端に、LEDサーチライトとカメラ、シリコンゴム製の減圧式の吸盤を取り付けたもの。成り動作のための持ち替え台を別体で設置する。
第四回の「電王戦FINAL」では、本体を医療用ロボットアームとし、吸盤の代わりに駒をつまみ上げるマイクロマニピュレータと駒をひっくり返すターンテーブルを装備、動作時間の短縮が図られた。
対局者とぶつかったりしないようにセンサーが張り巡らされ、安全面にも充分配慮されている。

その活躍ぶり

デビュー戦・菅井竜也五段との対局では自力で駒を並べたのち、対局開始の宣言と共に深々と「お辞儀」
第三戦・豊島将之七段との対局では、盤に手をかざしたのちお辞儀をするという見事な投了動作を見せ、観客・視聴者を沸かせた。
勿論、故障などで対局に穴をあけることもなく、ソフト側の代指しという大役を見事に勤め上げた。
真面目ながらも非常に愛嬌のある動きで評判も上々だったようである。

関連タグ

将棋
叡王戦:電王戦にかわり行われることになった人間と将棋ソフト・双方の代表による対局
DENSO

pixivに投稿された作品 pixivで「電王手くん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5318

コメント