ピクシブ百科事典

目次[非表示]

その半生

1931年6月1日、東京都中野区で出生。
1939年に第二次世界大戦が勃発した際、飯塚自身は疎開や工場動員こそ免れたものの自宅が焼失している。1945年の終戦後、理科好きの少年であった飯塚は勉学に励み続け後に東京大学理科一類に合格。在学中は工学部応用物理学科(計測工学専修)を選択。卒業研究では日置隆一教授の下で位相差顕微鏡のカラー化に関連するテーマに取り組む。

1953年、東京大学を卒業し通産省(現在の経済産業省)に入省。同省が主管する工学技術院中央計量検定所(現在の産業技術総合研究所計測標準総合センター)に入所。以降は国内の機械産業や鉄鋼業で用いられる「硬さ標準」の研究に邁進。1986年、工業技術院院長に就任。
後に日本計量振興協会会長、株式会社クボタ常務取締役などを歴任し、2015年には瑞宝章(瑞宝重光章)を叙勲している。

交通事故


2019年4月当時、彼は87歳の老齢かつ無職であったが、彼は予約していた飲食店へ急いでいた。故に池袋の都道を時速100km近いスピードで走行し歩行者を次々と撥ねてしまう。結果、彼本人と同乗の妻を含む10人が怪我、母娘2人が死亡する大事故となった。
同年11月、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で、書類送検された。

(現在、書類送検中であるため、これ以上の執筆は差し控えさせていただきます。)

関連タグ

学者 勲章 交通事故

外部リンク

ニコニコ大百科

関連記事

親記事

学者 がくしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飯塚幸三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3422

コメント