ピクシブ百科事典

.45ACP

よんごうおーとまちっくこるとぴすとる

アメリカでスタンダードな弾

ジョン・モーゼス・ブローニングが設計した弾であり、アメリカでは神話的に扱われている。
ハーフムーンクリップ等を用いる事で.45口径リボルバーに装填する事も出来る。
この弾が使えるモデルがあるかでアメリカでの売り上げが変わるとまで言われるが、逆にこの弾のせいで無駄に(共用部品である)グリップが太くなる、反動が大きくコントロールが難しい等の理由からヨーロッパでは人気がない。
ヨーロッパなど他地域の大手銃器メーカーがアメリカへ進出する際には、自社製の自動拳銃にアメリカ市場向けの.45ACP仕様のバリエーションを用意するほどである。
そうでもしなければアメリカでは売れないと言うぐらいアメリカではこの口径が一般的になっていたのである。
1994年から2004年までのAWB連邦攻撃武器規制といった装弾数を規制する法により、装弾数が制限された為に装弾数の少なさを補える威力がある弾として再評価がされている。

米西戦争時の正式採用拳銃であるコルトM1892で使用していた.38ロングコルトの威力不足(単純に外していたという説もある)を理由に.45ロングコルトを再設計する形で開発された。
元になった弾がアメリカの歴史に関係しており、自国で生み出され、更に最初に採用した銃もまたアメリカの銃である事から.45ACP信仰を生み出す事となった。

この信仰は妄信と呼べる部分もあり、実用できる弾頭形状の都合や抵抗となる服等の影響により人体への効果は実際にはそこまでも無いといわれている。
根拠となるマンストッピングパワー(人間が行動不能となる力の指標)も弾自体の物理的要素以外に撃たれる側の生理的・精神的な状態、被弾箇所等様々な条件により変化する為に指標としては疑問視されている。
事実.45ACP弾を複数浴びた者が自力で車を運転して病院にたどり着いて治療を受けたという例もある一方で小口径の.22LR弾一発で脳幹が破壊されて行動不能となったり、腕を掠めた程度でショックにより行動不能となった例もある。
また、同一フレームで大口径である.45ACPに対応するためにマガジンが収まるグリップ部が太くなりすぎるという問題があり、.45ACPの需要がない、所持できない地域では他国市場の為に無駄にグリップが太くなるとして批判されることもある。

S&Wは民間市場へのハーフムーンクリップの供給が安定していないことから、M1917リボルバー用として.45ACPをリムドケース化した.45Auto Rim弾を製造していたこともあった。
これは.45ACPを再びリムドカート化しており、ハーフムーンクリップ等を用いなくとも.45口径リボルバーに使用可能になっていた。

現在でもアメリカ軍ではM1911A1を使用する部隊がある他、Mk23HK45UMP45などの.45ACPを使用する拳銃やサブマシンガンを調達する動きもある。

設計時には想定されていなかったが、弾頭重量が重く、弾速が比較的遅くサウンドサプレッサーと相性が良い事から、.45ACPに懐疑的なヨーロッパでも特殊部隊など限られた部隊向けの装備として.45口径の銃を採用する組織もある。

前述のグリップが太くなると言う問題を解決するためにグロック社はケース長を短縮した.45GAPを開発した。
ポリマーフレーム、ダブルスタック(弾がジグザグに2列となっている)ポリマーマガジンで.45ACPを使用するグロック21等は他のポリマーフレーム拳銃以上にグリップが太くなりすぎるという欠点があったが、この.45GAPを使用するグロック37は21と比べスリムになっていた。

関連タグ

M1911 トンプソン・サブマシンガン グリースガン MAC10
ジョン・ブローニング

pixivに投稿された作品 pixivで「.45ACP」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13110

コメント