ピクシブ百科事典

2.43

にいてんよんさん

集英社文庫より発売されている、壁井ユカコ作の小説。正式タイトルは「2.43 清陰高校男子バレー部」。
目次[非表示]

概要

壁井ユカコ原作の小説。正式名称は「2.43 清陰高校男子バレー部」だがタグの使用はこちらが一般的。
全5巻が集英社文庫にて発売され、それらを3巻に分けたものが集英社にて発売された。当初は集英社のWeb雑誌での連載だった。イラストは山川あいじで、雑誌「ココハナ」でのコミカライズの連載も担当している。
読みきりで、清陰高校のライバル校の福蜂工業高校が舞台の「空への助走 福蜂工業運動部」も集英社から発売されている。

壁井ユカコ単独初(合作でならKの脚本担当の一人ではあるが)となるアニメ化が決定している。

あらすじ

東京の強豪中学バレーチームで深刻なトラブルを起こしてしまった灰島公誓は、子供時代を過ごした母方の郷里・福井に転居し、幼なじみの黒羽祐仁と再会。
ずばぬけた身体能力を持ちながらプレッシャーに弱い黒羽と、バレーへの圧倒的な情熱と才能ゆえに周囲との摩擦を引き起こしてばかりの灰島はエースコンビとして成長していく。だが、中学最後の県大会で衝突……。絶縁状態のまま、二人は地元の清陰高校に進学する。
男子バレー部で待っていたのは、身長163cmの熱血主将小田と、秀才で毒舌家の副主将青木の3年生コンビや日光アレルギーで常に長袖長ズボンの棺野をはじめとする2年生たち。
新生バレー部はやがて弱小チームの殻を破り、福井の新星として注目される存在に成長していく。その行く手に立ちふさがる魅力的なライバルが続々登場!

メインキャラクター

清陰高校

2.43でお絵かき


黒羽祐仁(くろばゆに)
1年生。ウィングスパイカーで、男子バレー部エース。7番。身長186㎝。
福井県紋代町の地主・黒羽家の本家の一人息子で、坊ちゃん。
身体能力が高いが、プレッシャーに弱く肝心なところでのミスが多い。
中学時は不良の従兄とつるんでいたが、灰島と出会いバレーの面白さに目覚めるも、とある事件で灰島と仲違いをしてしまう。
高校でバレー部に入り、再び灰島とプレーし、全国を目指す。

灰島公誓(はいじまきみちか)
1年生。セッター。8番。身長183㎝。
幼少期は福岡にいたが、東京に引っ越し、バレーの強豪中学に通っていたが、事件が起き不登校に。その後福井に引っ越し、黒羽と再会する。
思ったことをすぐに口に出してしまう性格のため、周りと上手く行かないことが多い。おまけにかなりの自信家。
“バレーの神様に愛された”と言われるほどの技術をもっているが、試合中とそうでないときのオンオフが凄い。視力が弱く0.01以下。

小田伸一郎(おだしんいちろう)
3年生。ウィングスパイカーで、主将。1番。身長163㎝。
誰よりもバレーが好きだが、身長が小さいため強い選手ではない。
人をプロポーズのような言葉で説得するのが得意。

副キャプテン


青木操(あおきみさお)
3年生。ミドルブロッカーで、副主将。2番。身長193㎝。
高校一年生時、名簿番号が前後していた小田に誘われ、バレーを始める。
生徒会の副会長も務めており、京大法学部を目指すほど成績優秀。顔もいいためモテるが毒舌家で、策略家。

棺野くん


棺野秋人(かんの・あきと)
2年生。ウイングスパイカー。4番。身長181cm。
健康上の理由で屋外での長時間の運動ができない。そのため、夏でも長袖長ズボン、外では日傘をさしている。
男バレが外練の時は女子バレー部の屋内練習に参加している。荊とは中学時代から一緒にバレーをやってきて、思いを寄せている。
おとなしそうに見えるが、たまに恐ろしいオーラを出す。

末森荊(すえもり・いばら)
2年生。女子バレーボール部員。173cm
中学時代はバレー部のエースだったが、高校に入ってから躓く。
春高時は男バレのマネージャーとしてベンチに入る。
男よりも男らしい、かっこいい系女子。

福蜂工業

2.43 つめあわせ


三村統(みむらすばる)
3年生。ウイングスパイカー・主将・エース。身長189cm
全国大会常連校の主将にして、“悪魔のバズーカ”の異名を持つ絶対エース。
明るく人懐こい性格と強いカリスマ性でチームを牽引する。
甘いものが大好きで、彼のボトルには『人には毒』『スバル専用』『ゲロ甘』と書かれている。なお、越智は『お疲れさん おかえり』。
越智をセンターコートへ連れていく、と約束し、それをおまもりにしている。

越智光臣(おちみつおみ)
3年生。マネージャー。身長168㎝。
1年生の夏に怪我で選手を諦め、三村に引っ張られてマネージャーに転向。
最強チームを支える裏方として選手から信頼されている。
選手一人一人の事をしっかり考えてくれている。

その他

弓掛篤志(ゆみかけあつし)
福岡県の、箕宿高校3年生。ウィングスパイカー・エース・主将。1番。身長175㎝。
ユース代表。“あと10㎝あれば”と言われるが、現高校No.1の呼び声高い最強プレーヤー。
古豪・箕宿高校を復活させ悲願の全国大会三冠を目指す。二つ名を“九州の弩弓”。
年の離れた妹を溺愛している。ユースで一緒になった浅野とは仲がいい。

浅野直澄(あさのなおずみ)
東京都景星学園高校3年生。ウイングスパイカー/セッター・主将・エース。1番。身長191cm
ユース代表。同じくユース代表の弓掛とはライバルであり親友でもある。
根はおとなしい性格だが、“小学生”の1、2年生たちと若槻監督を率いて、箕宿高校の対抗馬として全国初優勝を狙う。

佐々尾広基(ささおひろき)
ウイングスパイカー。元 景星学園高校主将・エース。現 関東のK大学バレー部員。身長185cm
福岡県出身だが地元を離れて景星学園に入学。弓掛の知り合いでもある。
浅野の2学年上の先輩。3年前の春高では2年生エースとして準優勝を果たす。

関連タグ

壁井ユカコ 小説 集英社

関連記事

親記事

壁井ユカコ かべいゆかこ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「2.43」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8698

コメント