ピクシブ百科事典

DarkNecklofarⅡ絶命の月光華

だーくねくろふぃあつーぜつめいのげっこうか

『DarkNecklofarⅡ絶命の月光華』とは、黒沙希降架氏がRPGツクール2000によって制作したフリーゲームである。
目次[非表示]

ゲーム概要

黒沙希降架氏製作のフリーゲーム第二弾。
前作『DarkNecklofar闇への生贄』の300年後の世界が描かれており、クライン達の子孫が「月光華」と呼ばれる人類の脅威と戦っていくシナリオが描かれる。

――筈、だったのだが。
2018/7/30現在、この作品は「三章までプレイ可能な体験版」のみが公布されるだけに留まり、40章で構築される壮大なシナリオとは何なのか? と思いを巡らせるだけに留まっていた。
しかし近年、一部のダークネクロフィアファンの狂人……もとい有志たちが集い、幻の作品を復元させる(通称repaired版)という試みが行われている。

以後は、『DarkNecklofarⅡ絶命の月光華~体験版~』及び『DarkNecklofarⅡ絶命の月光華repaired』の内容を記載する。

ストーリー


300年前、レズナ暦3000年
大きな2度目の戦争が起こった

「名残」
「子孫」
「決意」
「運命」

ネクレーゼルの子孫はその後も
先祖の伝説を語り継ぎ
それが300年も続くはずも無く
また、子孫とはいえ300年も間があれば
血は全く受け継がれていないとされた・・・

世界からトランスが消え
天使も、悪魔も、消え去った気がした
人間だけが、生き残った

それはただ人間の都合のいい錯覚であった

問題は「天使とは何か?」「悪魔とは何か?」
彼ら2部族は消えていない
すぐ近くにいくらでもいるのだ
別の形で・・・

今、1つの森に2人の男がいる
彼等は「クレイド」その親友「フレイン」
彼等は列記としたネクレーゼルの子孫であり
やろうと思えば世界最強のトランスを起こすのも可能である
トランスが世界から失せた今では、もはや手遅れ
やり方がわからなければ、何も出来ない
宝の持ち腐れである

この世界に妙な事件が起こったのは数十年前
まだ最近である
アナテラ海洋中央に、巨大な大木が成り
そこから飛ぶ花粉に犯された者
「月夜華花粉症」の患者である
患者共はみなクシャミが止まらず
始めは苦しむばかり・・・・・だが・・・
悪化すると、突如として叫び出し
全身から蔓が生え、口は花びらとなり、歯は牙となり
体毛の全てが葉と化す、それはそう・・・まるで「華」のように

彼等はその後、何処かに信じられない速度で走り去り
地面に根を張り、近寄るもの全てを食い殺す化け物になる
”それ”は「月光華」と呼ばれた
「月夜にのみ咲く殺人狂の華々、あの大木も例外ではない」
この事からそう名付けられた
そう、それらは、昼は見事に隠れるのである
夜になると姿を現し、殺しを続け、花粉を飛ばす

クレイドとフレインは月光華を狩る世界で最も危険な職業
「フラワーハンター」となった
最終目標はあの大木
あれさえ殺せば全てが終わるはず

そう上手く行くはずも無い・・・

考えても見たまえ・・・月光華が出来た理由は?
そう・・・あの大木のせいだ
ではあの大木が出来た理由は?

・・・・・

あの場所は・・・あの大木が生えている場所は
海のド真ん中
そしてその場所は
「あの悪夢の要塞の場所に非常に近かった」


300年前、レズナ暦3000年
大きな2度目の戦争が終わった

「名残」
「子孫」
「決意」
「運命」

全てが終わった訳ではない
代表者の子孫よ、今こそ立ち上がれ
全ての元凶を突き止め

今こそ全てを終わらせろ!!


遥か先祖の名の下に!!!!!

登場キャラクター

霊長族

クレイド・サクリファイス
フレイン・サクリファイス
ミルティー・ディレン
キャリー・リビアロン
ディーナ・ラークルス
シャルレイ・トラッシュ
プルート・ローマリー
ザーラシエル・サクリファイス
コウレン・ファイジスト
セオ・クリスカ・ゲレン・ピリューヤ

天使族

アルルリノア・ジャスティス
サエカル・サキエリス

悪魔族

アダム
ボア・グランギニョール

その他

ロトエル・リッチマン

pixivに投稿された作品 pixivで「DarkNecklofarⅡ絶命の月光華」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1688

コメント