ピクシブ百科事典

EvangelionMark.04

えゔぁんげりおんまーくふぉー

劇場作品「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に登場する架空の兵器である(タイトル名は本編ソフト附属のブックレットから。タイトル名の読み仮名は、同作登場のマーク6、マーク9の読み方から推察)
目次[非表示]

この記事は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のネタバレを含みます。











概要



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qに登場したエヴァンゲリオン・・・なのだが、このエヴァはヒトの形をしていない。



大まかな外見



劇中では3種類登場するが、いくつかの共通項が存在する。

エヴァンゲリオンの肩ユニットに似た形状のパーツが最低2つ、ついている。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破使徒のコアに似たパーツが最低1つ、ついている。
・上記のパーツが装着されたコアブロックなる円盤状のパーツがあり、どうやらここが弱点らしい。
・センサーの識別では「パターン青」(使徒と同じ)を示す。ただし、厳密には「ニアリーイコール」と表示されている。
・・・などなど



各タイプについて



コード4A

封印柩に納められたEVA初号機強奪を目的としたヴィレによるUS作戦時、封印柩に接近した改2号機を迎撃したタイプ。このタイプはコアブロック下部にエヴァンゲリオンの下半身に酷似したパーツを装着しており、このパーツの脚部に当たるパーツは先端がさらに別れ、二対のツメ状になっている。この下半身に似たパーツを回転させることで、敵のATフィールドに干渉、突破することが出来る。このタイプは肩パーツを4つ、コアを2つ持ち、さらに特筆事項として、コアブロックにヱヴァンゲリヲン新劇場版:破に少しだけ映った劇中組織IPEAのロゴに似たタッチのエヴァに似た人型の上半身が2つ、コアブロック上面を囲う様に描かれているのが特徴である。さらに、この人型にはEVA4のマーキングもなされている。(因みに、Q公開前に金曜ロードSHOW!内で放送された冒頭映像に登場するコード4Aにはこの人型、EVA4のマーキング両方ともされておらず、ソフト化に伴い追加されたもの思われる。)


コード4B

封印柩に取り付いた改2号機を攻撃すべく、あらかじめ封印柩に潜んでいたタイプ。肩パーツが2つ、コアは1つというシンプルな構造であるが、フィールド反射膜を展開し、改2号機を追い詰めていく。最終的には、数秒のみであるが、原因不明の再起動を果たした初号機の破壊光線により殲滅された。


コード4C

3タイプの中では最大級の大きさを誇り、「ネーメズィスシリーズ」とも呼称されていたタイプ。当初は光の柱を展開、艤装作業中のAAAヴンダーに襲い掛かる(このときコアブロックは擬装コクーンなる場所に隠していた)。攻撃手段はコアブロック中央上下から展開する無数の触手である。コアの数は16。

2013年5月には、エヴァ関連グッズ専門ショップ「EVANGELION STORE」において、このコード4Cの壁紙が無料ダウンロードできた。




浮かび上がる謎


マーク4という名前である疑問が浮かび上がる。本来、4番目のエヴァと思われていたEVA4号機との関連性である。因みに、新劇場版ではEVA3号機の所属は北米第3支部、EVA4号機は北米第2支部所属となっている。





関連タグ



ヱヴァンゲリヲン新劇場版 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVA4号機

コメント