ピクシブ百科事典

EvangelionMark.09

えゔぁんげりおんまーくないん

劇場作品「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」に登場する架空の兵器である(タイトル名は本編ソフト附属のブックレットより)
目次[非表示]

この記事は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のネタバレを含みます。

















概要



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qに登場したエヴァンゲリオン。パイロットはアヤナミレイ(仮称)(ただし、真希波・マリ・イラストリアスによればゼーレの暫定パイロットらしい)


外見



一見すると、EVA零号機と似た外観をしている(碇シンジも最初にこのエヴァを見た時、見間違えている)が、細部を見ると頭部や、腹部などに差異を見出すことが出来る。劇中終盤には、新たな頭部を自分で生成した(AR台本によると真の頭)。機体のカラーは、最初の形態は山吹色。劇中終盤にはアヤナミレイ(仮称)プラグスーツに似た黒に変化する。


劇中での活躍と、形態変化



ヴィレに軟禁されていた碇シンジを奪取するべく襲撃。奪取には成功するも、離脱時に奪取阻止のため迎撃に出たEVA8号機の銃撃によって頭部を吹き飛ばされてしまうも、構わず離脱していった。このとき、武装の類は持っておらず(必要なかったとも解釈できる)、海洋生物を思わせる有機的な形状の可変式のブースターユニットを装備していた。

エヴァンゲリオン第13号機がセントラルドグマに降下する際に、再び援護役として登場。このときには先の戦闘で破壊された頭部は修理されず、首なしの状態で登場。手持ちの武装として、巨大な鎌を持っていた。

エヴァンゲリオン第13号機が覚醒し、フォースインパクトを起こそうとしたとき、これを阻止すべく現れたAAAヴンダーを攻撃、コントロール奪取のため襲い掛かる(マーク9の操縦系はパイロットから強制的に切り離されていた)。このとき、首なしの状態だったマーク9は自ら頭部を生成、目と思しき場所から破壊光線を放ち攻撃を行った。なお、セントラルドグマから上昇する時に、使徒のような光の輪が出現した。

AAAヴンダーの主機に取り付き(機体カラーもこのとき変化)、コントロール奪取を図るマーク9に対し、改2号機が応戦。マーク9の腹部装甲を破壊するも、内部のゼーレのロゴのようなものが描かれた物体に阻まれてしまう。激戦のさなか、アヤナミレイ(仮称)が自らの判断でマーク9から脱出する。これにより開いたエントリープラグ挿入口から改2号機が攻撃、活動停止したかに見えたが、マーク9は全身がコアであったため再び活動を再開、改2号機の頭部を噛み砕き半壊に至らしめるも、すでに改2号機は式波・アスカ・ラングレーの判断で自爆シークエンスに入っており、この自爆に巻き込まれてマーク9も今度こそ活動停止したものと思われる。

マーク9の謎


この部分は執筆者の主観が多く含まれていますので、あらかじめご了承ください

本機は劇中では「アダムスの器」や「ヴンダー本来の主」といわれていたが、前者は状況から推察するに、変化した後のマーク9を指していると思われる。後者に関してはほとんど何を指しているのかは分からないが、同じく変化した後のマーク9の頭部と、AAAヴンダーの艦橋と思われる部分の意匠が似ているところに手がかりがあるのかもしれない。

なお、本機を含む「Mark~」と呼称されるエヴァには他のエヴァにはあった機体の立ち居地を表す呼び方が存在しない。

例、エヴァ2号機→汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 正規実用型 2号機



関連タグ


ヱヴァンゲリヲン新劇場版 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q アヤナミレイ(仮称)

コメント