ピクシブ百科事典

First_Pierrot

ふぁーすとぴえろ

『First Pierrot』とはPixivユーザーそろあのオリジナル漫画作品のことである。
目次[非表示]

概要

2010年10月10日前作(これも長編)『セリシア宮の歴史』の完成直後作成開始。
2013年2月20日初めてネットで『まとめとして』公開をした。
       アンケート結果により掲載をすることに。
2013年4月2日掲載開始。サイズが大きかったのでノート一冊分を二つに分割して公開をした。

2016年現在、該当タグの作品は投稿されていない。

本編

Pixivに投稿されている本編から、少しずつまとめてみる。

Ⅰ-鬼ごっこ-

そのいち

とある学園内に潜む『あるモノ』を守るために存在する組織。その組織を雇う学園に高崎雄は通っていた。そんなある日、帰宅後家の中で倒れていた双子の妹、高崎結を心配し声をかけた高崎雄は、彼女の口からある秘密を知らされる。

そのに

学園全体があげて探していた本物のピエロ。そのピエロについて高崎雄は学園長から『もう一人仲間がいる』と聞かされる。そのピエロの仲間は、雄のよく知っている人物の名前と同じで―――。

Ⅱ -証-

そのいち

学園に呼び出されてしまった高崎結は、学園長の前で内密にしていた事を話さなければならないことに。彼女の口から聞かされる秘密とは。

そのに

突如学園に現れた『シャドウ』と名乗る者達。彼らは新たに学園内で大切にされている『あるモノ』を狙う一つの『組織』だった。

Ⅲ -真実-

そのいち

ネット上で炎上し始めた『闇の組織』。丘崎広樹の案で旅行に行くことになった高崎雄たちの元に、直接その『闇の組織』の一員が訪れる。

そのに

一度結に嵌められて『闇の組織』の本部に連れて行かれた高崎雄。『闇の組織』たちは高崎雄を『ピエロ』と言いながら話を進めていくが、高崎雄はそれらをうまく回避し、自宅に戻ることができた。しかし、高崎雄が『闇の組織』と言葉を交わした事により、彼らは新たに『ピエロを呼び出す為の餌』を手に入れる。

Ⅳ -直心-

そのいち

『闇の組織』により捕らわれた結を救うために、ピエロは『闇の組織』からの挑発に乗る。しかし結いを救おうと向かった先で待っていたのは『闇の組織』らた用意した見知らぬ『ピエロ』だった。

そのに

『闇の組織』の第5目的者である『チェッカー』らが現れ更に状態は悪化する。『ピエロ』と『結』は互いを守ろうとするが手が追えずのとき、結が秘めていた『能力』を発揮する。


組織

『闇の組織』

6グループの合計8人で形成されていた組織。『ピエロ』を中心に数多くの組織の中でも名が高い組織であった。しかし、首相であった『ピエロ』が突然組織をやめたことにより現在は5グループの7人で形成されている。また原作の3巻のカラー表紙には彼らの過去の様子が描かれている。


登場人物

主要人物

  • 高崎雄

 本作の主人公。家族想いではあるが自分の夢をまっすぐに見すぎて大切な物を失ったりしている。

  • 高崎結
 高崎雄の双子の妹。モデル体で既に大学を卒業している鬼才少女である。
  • ピエロ
 ≪あるモノ≫を狙う正体不明の人物。以前は『闇の組織』の一員であり、首相でもあたった。正体は本編で明かされている。仮面をかぶっている為、素顔を知る人は少ない。
  • 丘崎広樹
 丘崎陸の実の兄。普通の大学生。

学園生徒

  • 丘崎陸

 高崎雄の通う学園の学園長。

 高崎雄の友人。Ⅰでは、街の調査を共にしている。
 高崎雄の友人。後に再び…。

闇の組織

  • 舞(シャドウ)

 ピエロの次に≪あるモノ≫を狙う『闇の組織』の一員。第2目的者。右目の目尻にほくろがある。強気な性格で誠の姉のような存在になっている。

  • 誠(シャドウ)
 舞と2人でひとつのペアである。第2目的者。 季節関わらずになぜかマフラーを巻いている。目は前髪の長さで見えなくなっており、表情はあまり伺えない。また無口であるためあまり話していない。
  • 千太郎(リバーシブル)
 『闇の組織』の一員。第3目的者。左目下に『Z』が刻まれている。
  • 実乃(ナイト)
 『闇の組織』の一員。第4目的者。大きな巻髪が特徴。『ピエロ』が組織を辞めた以降、京都で修行をしていたらしい。
  • 潜(チェッカー)
 『闇の組織』の一員。第5目的者。アホ毛が丸くなっている。忍とは双子で顔は2人そろっていつも笑っている。
  • 忍(チェッカー)
 『闇の組織』の一員。第5目的者。アホ毛が角々している。
  • 音(ジェロ・0)
 『闇の組織』の一員。第6目的者。長くカールが掛かった髪をし、左目下にⅥが刻まれている(が、作者の不注意で場面によって数が違う)。本編のⅢのカラーイラストでは中心に立っている。

コメント