ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

「Unity」を用いて開発されたホラーアドベンチャーゲームシリーズの総称
KENGOHAZARD1が2018年12月23日に公開され
KENGOHAZARD2の体験版が2019年3月23日に公開された
KENGOHAZARD2が2019年5月25日にSteamで配信開始

QuietMansionは2018年10月に「最も期待できるホラーゲーム第一位」に選ばれた

2019年11月29日に「QuietMansionシリーズ」に名称が変更された
なお、本記事では「KENGOHAZARD」と表記する

経歴

2015年5月に「K」と名乗る人物がTwitter上でゲーム制作を【可能ならば】始めることを発表
その後、続報が途絶える
2017年8月Twitterアカウントが消え、Webからも削除される
2017年10月にPV1が公開される(この際にゲーム正式タイトルがKENGOHAZARDと発表)
2017年11月にPV1に隠された暗号の回答が発表
2018年1月にKENGOHAZARDグレーボックスが公開
2018年5月より情報が一気に解禁
2018年9月体験版である「KENGOHAZARD Demo Version」が配信開始
2018年11月「KGSS」オープンベータ開始
2018年12月KENGOHAZARD 配信開始
2019年2月KENGOHAZARD1からKENGOHAZARD2のタイトルロゴが発見される
2019年3月KENGOHAZARD2開発正式発表
2019年3月体験版である「KENGOHAZARD2 Demo」が配信開始・KENGOHAZARD2PV1が公開
2019年3月KENGOHAZARD2の開発が完了したことを公式Twitterで発表
2019年5月SteamにてKENGOHAZARD2体験版が配信開始
2019年5月KENGOHAZARD2早期アクセス版がSteamで配信開始
2019年6月KENGOHAZARD2がSteamで配信開始
2019年11月「KENGOHAZARDシリーズ」から「QuietMansionシリーズ」に名称が変更される


Kウィルス

KENGOHAZARDに登場する架空のウィルス
元々は軍事用に企画・開発されていたが失敗し、無差別テロ用として再開発された
感染すると怪物の幻覚を見るようになり、やがては「完全体」と呼ばれるものに変異する
現在、治療法は確立されていない
研究所の特性によって生まれる怪物に若干の能力差が生まれる
また、感染力、攻撃力、体力が大幅に強化される「Kウィルス強化版」も存在する

完全体クリーチャー

【プニヒール】
 魔女のような外見をしており素手で殴りかかる攻撃を行う
 この怪物は進化することが最大の特徴であり、実験では武器を使えるまでに進化した
 体内で高濃度ウィルスを生成でき、一度攻撃を受けるとウィルス感染は免れない
 感染初期の幻覚は主にこの怪物が見える
 感染者のうち半分はこの怪物に変化する

【クロー】
 四足歩行ですばやく移動し、巨大な爪で切り裂く攻撃を行う
 この怪物は天井や壁なども移動できる
 巨大な爪で相手を切り裂いた後に大きく裂けた口でゆっくり捕食する
 通常この怪物の幻覚を見た場合は感染進行率が25%を超えている
 感染者のうち12%はこの怪物に変化する
 
【キャプター】
 すばやく相手を追い詰め、鋭い爪で相手を切り裂く攻撃を行う
 非常に知性に優れているが、怪物自身をコントロールすることはできなかった
 この怪物は一度倒されると立ったまま進化することがある
 通常この怪物の幻覚を見た場合は感染進行率が50%を超えている
 実験では感染者のうち約15%がこの怪物に変化した
 
【研究員】
 Kウィルス強化版に感染し、完全体に変化した研究員
 ウィルスの影響で肉体が大幅に強化されており銃弾で死ぬことはない
 知性がまだ残っており言葉を発する場面も見られる
 作中で主人公の撃った銃弾によって倒れるがすぐに復活し解体される研究所から脱出
 その後彼の姿を見たものはいない...

ストーリー

「KENGOHAZARD1」
二年前のバイオテロで家族を失った主人公がある日謎の男によって森の奥の小屋に呼び出される
しかし、一瞬の隙をつかれ気絶させられてしまう
主人公が目を覚ましたのは、完全に出口が塞がれた館の中だった...
主人公は脱出を目指すうちに、やがてKウィルスの正体や二年前のバイオテロの真実へ近づいていく...

「KENGOHAZARD2」
人気YouTuberの主人公はある山道に足を踏み入れる
いつもと同じように視聴者が勧めた場所で心霊動画を撮影するはずだった
しかし、主人公は山小屋の中であるものを発見してしまう
それが悪夢の始まりだった...

KGSS

KENGOHAZARDシリーズに採用されているオリジナルセキュリティシステム
正式名称は「K Game Security System」
パッケージの中に「KPS」(KENGOHAZARD Protection System」も含まれている
チート・不正コピーなどの対策、ゲームを自動アップデートする機能や
プレイデータを取得する機能を有する
開発者曰く「KENGOHAZARDシリーズにおけるホラー体験を包囲的にサポートするソフトウェア」とのこと

ネットでの評価

個人制作ゲームの中ではかなりのクオリティで制作されており比較的前向きな評価が多い
高校生が作ってるゲームと念頭に置いて考えるならば傑作レベルの作品である
しかし、「敵が硬直する」や「ゲームバランスが他のゲームとは比べ物にならないレベルで難しい」などの若干の粗さは目立つ
非常にバイオハザード7に雰囲気が似ているので「劣化版バイオ7」と呼ばれることも多い
現代のSNS社会に問題提起するストーリー展開は大きな話題を呼んだ

YouTube実況動画への反応

開発者自身が実況動画にコメントするという行動が特徴
有名YouTuberである「ポッキー/PockySweets」さんの動画ではまさかの開発者登場に
コメント欄が盛大に盛り上がった
問題の動画


別名

KENHAZA ケンハザ ケンゴハザード QuietMansion

公式サイト

KENGOHAZARD公式サイト

関連タグ

高校生 ホラー 自作ゲーム

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

コメント