ピクシブ百科事典

QlomrimKingdam

くろむりむきんぐだむ

QlomrimKingdam(くろむりむきんぐだむ)とはpixiv内で掲載されている小説である。作者は柳田葱。
目次[非表示]

概要

2011年からpixiv内で掲載されている小説。現在第3話まで更新されているが、更新速度は非常に遅い。
 中世ヨーロッパ日本に見立て、様々なキャラクターがおりなす「ドタバタコメディ(仮)」をテーマにしている。物語のほとんどは作者の中学生時代の思い出がモデルとなっており、登場人物の多くは作者の友人がモデルとなっている。


話数の単位は「第~幕(だいなんまく)」。サブタイトルは仮でつけているもので、
特に決まってはいない。

ストーリー


 月歴2年、数々の戦乱を抜け平和を取り戻した国「クロムリム王国」。様々な人種と文化が交差するこの国は、平和と共に新たな進歩を遂げようとしていた。
しかし、国王「スターク=ルーニマス」が急死、再び国内の安定が危ぶまれる状況となってしまう。

数多くの候補者を抑え、新たな統率者として選ばれたのは若干14歳の王子、「トッカ=ルーニマスⅡ世」であった――――――


登場人物



王国
王:トッカ=ルーニマスⅡ世
皇帝:シヲン・ベルサイユ・D
参謀:アツシ・ナトラリス・N



<一般人・王国関係者
ホノカ・スタンラ
マリノ・メサイヤ
ユウイチ・クリム



※この記事はまだ描きかけです!作成・修正などお願いします。

コメント