ピクシブ百科事典

TRX850

てぃーあーるえっくすはっぴゃくごじゅう

ヤマハが発売していたバイク。
目次[非表示]

概要

ヤマハが1995年に発売したバイク。

トラスフレームにハーフカウルを組み合わせた外観がドゥカティにそっくりであったことから「和製ドゥカティ」などと呼ばれた。
登場時はカラーリングも似ていたことに加え、燃料タンクの「YAMAHA」の文字もこれまた昔のドゥカティを思わせる中抜き表記であり、メーカーも少なからず意識していたと思われる。
カウルのデザインは、同じくイタリア製のモトグッチ1100スポルト(1991年発売)にも似ている。

ただし、エンジンはVツインではなく並列ツインで、5バルブヘッドに270度クランクと特徴的な構造であった。
マスの集中化を狙ってドライサンプを採用したのもポイントだった。
排気量は849cc、最高出力は83馬力。

それ以外にも、フランジレス(溶接面が見えない)の燃料タンクを採用するなど、ヤマハらしくデザインに拘っていた。

走りの評価は高かったが、ライバルが軒並み1000ccクラスのVツインモデルを発売する中で、中途半端な排気量が災いしてかセールスは苦戦。
1999年に生産終了となった。
ちなみに、末期モデルはドゥカティ似のイメージを脱却するためか、かなり方向性の異なるカラーリングをしていた。

その後

本車のセールスは成功とは言えないものだったが、270度クランクの並列ツインエンジンは2014年発売のMT-07で再び採用された。
車両コンセプトが全く異なるとはいえ、こちらは世界中でヒットを飛ばしている。

関連項目

YAMAHA バイク ドゥカティ

関連記事

親記事

YAMAHA やまは

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「TRX850」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 355

コメント