ピクシブ百科事典

Vanja Radovanović

ゔぁにゃらどゔぁのゔぃち

ヴァニャ・ラドヴァノヴィチ(表記揺れ:ヴァーニャ、ラドバノビッチ等)とは、モンテネグロのシンガーソングライターである。
目次[非表示]

概要

生誕ベオグラード・旧ユーゴスラビア(現在のセルビア)
誕生日1982年10月28日(35歳)
出身Nikšić・モンテネグロ
在住ベオグラード・セルビア共和国
デビュー2004年
ジャンルポップ・ブルース・ロック・バルカンバラード
楽器声・ギター
家族妻Ivana Radovanović・子供(David6歳・Iskra2歳)
身長180+
髪色濃い茶色


経歴

音楽好きな家に生まれ、当時のユーゴスラヴィアでシンガーソングライターとして活躍していた叔父に影響を受けて育った。
本人のFacebookページより、1982年にベオグラードで生まれ15歳の時にベオグラードにある経済学の高校を卒業したことが分かっている。しかし幼少期を過ごした場所などは不明で、モンテネグロ第二の都市Nikšićを出身地としていることのみが明らかである。
2004年・21歳の時に当時セルビア・モンテネグロで最大規模を誇っていたBudvaの音楽祭で新人賞を獲得し、デビュー後はポップ・ロック・ブルースを中心に自身で手掛けた曲を多く発表してきている。またVIII2というバンドと組んで歌うことも多く、その際も作詞・作曲を行なっている。
2018年にはヨーロッパ最大の歌の大会「Eurovision Song contest」におけるモンテネグロ代表に選出された。この時の曲「Inje」はバルカンバラードと呼ばれるタイプのもので、バルカン半島に伝わるバラードの曲調が特徴的となっている。なお15年近い彼のキャリアの中で、このジャンルの曲を書く・歌うのは始めてである。最終的に彼の曲は43ヶ国中39位という苦い結果に終わったが、本大会への出場がきっかけで世界各地に熱心なファンが生まれた。

人物

性格

ヴァニャの性格の一つとして、ユーモラスに謙遜を繰り返すことが挙げられる。
最も有名なものとしては、ロンドンで行われたEurovision Pre Partyでのインタビューにおいてファンへのメッセージを問われた際に「ファンは居ないがメッセージはある」と答えたものがある(その後アムステルダムでのイベントで、"ファン"という言葉が好きではないだけだと話している)。
その他にも「(彼の曲によって)モンテネグロは同国のEurovisionにおける史上最高の順位を獲得するだろう」と発言したファンに対し、「もしくは最悪の順位」と謙遜を続けている。友人に何故謙遜するのかを問われた際には「自分の能力が高過ぎて虚偽の謙遜をしている」と答えたり、Eurovisionのモンテネグロ代表を決めるための大会では「自分が勝つと分かっていた」と発言するなど謙遜が本心からの行動ではないことを明らかにしている。
また、彼のSNS上やインタビューでの発言から、相当な「悲観的で酒好き」キャラであることがうかがえる。
TwitterやInstagramなどに頻繁に自虐や人生を諦めたような投稿をすることに加えて、インタビューで趣味を聞かれた際に「(自分の)子供から逃げ回ることと、酒を飲むこと」と答えたり"心の氷を溶かす方法"を聞かれた際には冗談で「酒をかければ?」と返している。しかし本人は、これらは実際は"キャラ作り"のための行動に過ぎないと語る。
上記の行動を合わせて考えると、彼の本来の性格を画面の向こうのファンが知り得ることは不可能なのではないかとすら思えてくる。

Twitter・Instagram・Facebookともにモンテネグロ語での投稿が主であり、彼の熱狂的な海外ファン達は日々Google翻訳を通して彼の言葉を読んでいる。
インタビューの一つで「子供の頃はサッカーでモンテネグロ代表になりたかった」と語っており、現在もサッカー観戦は趣味の一つである。


インタビュー一覧

全て英語。国旗はインタビューが行われた会場を示す。
ESCKAZ🇳🇱
ESCKAZ🇷🇸
ESCKAZ🇬🇧
ESCKAZ🇮🇱
Eurovoxx🇬🇧
OGAE UK🇬🇧
Eurovoix🇬🇧
Eurovision Ireland🇬🇧
Wiwibloggs🇬🇧
Wiwibloggs🇳🇱
ESCunited
ESC Bubble🇲🇪
ESC Bubble🇬🇧
ESCplus🇬🇧

コメント