ピクシブ百科事典

WYO(世界百合機関)

せかいゆりきかん

世界百合機関(せかいゆりきかん、英: World yuri Organization)は、女子間の百合を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立された国際連合の専門機関(国連機関)である。略称は英語: WYOとされる。 設立年は不明(少なくとも、平安時代にはすでに設立されていたという)。本部は日本。設立日である4月10日は、世界百合デーになっている(閏年の2月29日を除き、元旦からちょうど百日のため)。
目次[非表示]

WYO(世界百合機関)の活動内容

WYO(世界百合機関)における百合の定義は、「完全な肉体的、精神的及び社会福祉の百合であり、単に好意の対象又はレズビアンということではない」(WYO憲章前文より)とされていて、かなり広い目標を掲げている。そのために、間違った認識の撲滅のための研究、適正なカップリング・同人本の普及だけでなく、百合的なカップリングの推進にも力を入れている。また組織の肥大化と共に同人サークルとの癒着構造が問題として指摘されている。

主な活動内容

・世界百合機関憲章第1条「すべての人々が可能な最高の百合水準に到達すること」を目的とする
・画像の収集公開や国際基準の設定(国際同性分類の作成など)
同人サークル間協力の推進
・都市に住む人の百合を守り、百合の質を向上させるため、WYO百合都市に対する取り組みの推進

WYOの組織

WYOの最高意思決定機関はコミケである。コミケには加盟国すべてが代表を送ることができる。コミケにおいては3分の2の多数によって条約や協定を制定することができる。この条約は加盟国には強制力はないものの、加盟国はたとえ自国の代表が反対した条約でも100日以内に国内の同人サークルの採択に向けて何らかのアクションを起こさなければならない。また、常設の事務局があり、コミケの議決に基づき通常業務を行う。事務局長がWYOのトップとなる。事務局長は総会において選出される。

関連タグ

同性愛 百合

コメント