ピクシブ百科事典

唯もどきのコメント

ゆいもどきのコメント

必要のない荒らしの為に削除。

コメント

komokomo 2016-09-22 16:36:31
一つ教えとくけどヲチ系の掲示板で晒されてるよ君 売名は嫌われるからやめとけや 実力もないんだからさ笑
komokomo 2016-09-22 16:28:31
どうでも良いよゴミ こんなゴミカス以下の自己満足落書き載せてリソース消費してんなや ゴミゴミゴミ
レタス720 2016-09-20 09:42:04
この記事を消す人へ 「唯もどき」の記事が削除されるべきではない8つの理由 1.「唯もどき」をpixivから知ったという人がいるし、これからもいるだろう。百科内は宣伝禁止であるが、作品を知る機会を作るという面がある。現在の当記事では作品の紹介だけにとどまり、過度に作品を購入させたり読むように促す文章は存在しない。これで宣伝禁止と言うのなら、全ての記事は宣伝になる。 2.唯もどきは様々な作品の要素を混ぜたのが特徴であるが、現在は検索妨害にならぬよう、記事内のすべての場所において版権に関係ある名称を使用していない。 3.作者以外にも2人が唯もどきに完成するイラストにタグとして使用している。(編集履歴参照) また、大百科の下にある閲覧数を見ればわかる通り、唯もどきは第三者に百科の記事としてもタグとしても活用されている。公共性があると言える。公共性と言うならば、その基準はどこなのか?規約にはかいてないように思える。あなたの基準ではないか? 多かれ少なかれ、使われているのだ。 4.また、今冬には唯もどきの合同誌が予定されており、タグや百科の記事の需要拡大が見込める。 5.pixiv百科事典内には、同人やイラスト内のネタの記事も存在している。存在価値は当記事と大差ないように思える。 6.pixivは唯もどき本編の1,2,9巻が無料で読める唯一の場所であり、重要な活動拠点である。「唯もどき」のgoogleの検索結果も1番上に来るのは当記事であることからも分かる。 7.「唯もどき」の記事を削除した事のあるユーザーは皆、作品を投稿していないか、アカウント停止された人物である。貴方は活動をしている人の気持ちが分からないのではないか? 唯もどきは貴方の目には適当に見えるものかも知れないが、作者は本気で描いるのである。 8.そもそも、本当にこの記事がpixiv百科事典内に存在するのにそぐわない記事だというのなら、公式に通報し、公式から削除されるのを待つべきであり、貴方個人の判断で勝手に削除するべきではない。公式からダメと言われたならば、私はこの記事を無くす。この事はpixiv百科辞典の「荒らし記事」にも表記されている。 勝手に荒らし記事に認定し、勝手に記事を消す貴方の方が荒らしユーザーになり得る。