ピクシブ百科事典

つうかあの編集履歴

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

pnkdn385
だが、その話を聞いた[[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]が彼の悪口を言いだした事に立腹し、夜の公道で二人に野良レースを挑み、初めて乗るF4タイプのサイドカーを使用したにも関わらず圧倒的な実力差を見せつけて勝利する。
pnkdn385
明日葉丸のメカニック担当。[[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]の後輩。 [[幼い外見>女児高生]]と控えめな性格とは裏腹に技術は確かで、[[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]が予選でのアクシデントにより役割交代を余儀なくされた際は、初めてドライバーをする[[めぐみ>目黒めぐみ]]に負担が掛からない特殊な改造をわずか1日でこなしている。
pnkdn385
-[[棚橋コーチ]](CV:[[三木眞一郎]]) この作品の最重要人物。[[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]の師匠であり、ドライバーとパッセンジャーの両方を高いレベルでこなせる現役レーサーでもある。なお、二人から好意を寄せられている事には全く気付いていない。
pnkdn385
[[幼い外見>女児高生]]と控えめな性格とは裏腹に技術は確かで、[[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]が予選でのアクシデントにより役割後退を余儀なくされた際は、初めてドライバーをする[[めぐみ>目黒めぐみ]]に負担が掛からない特殊な改造をわずか1日でこなしている。
pnkdn385
全国大会参加者の日常やタイムトライアル、レースの模様をドローンを操縦して空から撮影している。また、文化祭で上映するために[[ひばり>高田ひばり]]ととあるビデオを共同作成しており、その撮影と編集を担当していた。 密着取材と称して洋風民宿「暁」([[ゆり>宮田ゆり]]の実家)に宿泊している
pnkdn385
カゼノテンポイントのドライバー。こてこての関西弁で話す。タコの髪飾りと[[八重歯]]が特徴。パートナーの[[たまえ>栗林たまえ]]のボケに容赦なくツッコんでいるが、[[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]のような険悪な雰囲気にはならず、夫婦漫才のようなやり取りで場を和ませている。
pnkdn385
第4話以降カフェで[[まお>片倉まお]]との絆を確かめる場面が恒例化したが、回を重ねるごとに彼女が[[まお>片倉まお]]を振り回していることが判明していった。
pnkdn385
数日後、お互いに変わったことを実感した二人は夕暮れの海岸でコイントスをし、その結果として髪をショーヘアにして周囲を驚かせた。だが、それを機に二人の絆に綻びが生じ始め、今までしなかったであろう言い争いをするようになる。その後も様々なトラブルに見舞われるが、普段喧嘩ばかりの [[ゆり>宮田ゆり]]と[[めぐみ>目黒めぐみ]]が本質的に似た者同士であるのを目にして冷静に自分達を見つめ直した結果ゆりあと仲直りし、今まで以上にゆりあと一心同体である事に誇りを持つようになった。
pnkdn385
-[[塩原ちゆき]](CV:[[ブリドカットセーラ恵美]]) ライトニングトルネードのドライバー。地元の名家のご令嬢で、家柄を鼻にかける事無く誰とでも気さくに接し、彼女を慕う者も多い。容姿端麗、品行方正、文武両道と三拍子揃った大和撫子である。[[みさき>永井みさき]]をスカウトする際は彼女らしからぬ強引な手口だったが、それはとある理由からどうしても[[みさき>永井みさき]]とパートナーになりたいという焦りから出た行動で、悪気があったわけではない。
pnkdn385
-[[宮田ゆり]](CV:[[古賀葵]]) 本作の主人公。明日葉丸のドライバー。実家は洋風民宿「暁」を経営している。[[めぐみ>目黒めぐみ]]とは家が隣同士の幼馴染である。左目の下に[[泣きぼくろ]]がある。 現在[[めぐみ>目黒めぐみ]]とは幼馴染の関係以上に恋のライバルとしての意識が強く、[[棚橋コーチ]]に関する話題ではとても険悪な雰囲気になる。口論の最中に余計な煽りを入れて状況を悪化させることが多い。
pnkdn385
-[[宮田ゆり]](CV:[[古賀葵]]) 本作の主人公。明日葉丸のドライバー。実家は洋風民宿「暁」を経営している。[[めぐみ>目黒めぐみ]]とは家が隣同士の幼馴染である。左目の下に[[泣きぼくろ]]がある。 現在[[めぐみ>目黒めぐみ]]とは幼馴染の関係以上に恋のライバルとしての意識が強く、[[棚橋コーチ]]に関する話題ではとても険悪な雰囲気になる。口論の最中に余計な煽りを入れて状況を悪化させることが多い。
pnkdn385
*ストーリー 三宅島で開催される「女子高校レーシングニーラー全国大会」。優勝チームに与えられるマン島TTレース出場権を賭け、全国各地から強豪達が集結した。 中でも東京都立三宅女子高校測車部の[[宮田ゆり]]、[[目黒めぐみ]]ペアは優勝に並々ならぬ執念を燃やしていた。その理由は、自分達の師匠でありお互いの片想いの相手でもある[[棚橋コーチ]]が数ヶ月前に自分の力を試す為にマン島TTレースに挑むと言って旅立ち自分の想いを伝えられなかったので、全国大会で優勝してマン島に行き、告白する為である。