ピクシブ百科事典

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

シルヴァ19
[[手のひら返し]]…上記の父親に対する感情の移り変わりから**10年以上憎んでいた相手**を母親の日記を読んだだけで容易く赦した様に描写されているので**軽薄な人間**と受け取る読者も存在すると思われる。
シルヴァ19
だが→自分が**ダメ**だと感じたら迷わずに相手を見下す黒柳や諏訪原に認められる程度の実力の持ち主だが
シルヴァ19
作中では黒柳達に**駄目**と見做されても成長して再登場したり、雪乃の様に特定の分野で和馬とも互角に渡り合える才能を持った登場人物も存在するが、彼女は彼らの様な活躍もしなかった。 作中で河内が[[かませ犬]]キャラの意味を込めて「**なんやて!?人間**」と表現されたが、作中で黒柳を始めとした誰にも指摘されなかったが、彼女こそこの作品一の「**なんやて!?人間**」かもしれない。
シルヴァ19
自分の大切な物(恩人である亡き養父の店)を守るのを他人任せ、常識人振って職人としての向上心が無い等作中最高クラスの実力者である身内に比べると見劣りしてしまう。おまけに和馬達にカイザー兄弟を倒すのを託す言い訳である**自分には特殊な手が無い**を作中終盤で兄によって関節的に否定されてしまう。
シルヴァ19
*備考 「主人公の師匠兼ラスボスの娘」という[[ヒロイン]]でもおかしくないポジションでありながら、作中でその立ち位置を活かした活躍をしなかったキャラクターである。他の登場人物同様に河内を軽く扱っているが、見方によっては河内よりも駄目な面が多い人物でもある。
シルヴァ19
決勝戦に現れた霧崎に対し、客席から憎悪の表情を浮べたのが最後の出番であり、その後は回想のみに登場した。
シルヴァ19
そのため、和馬達にモナコカップで「メゾン・カイザー」を経営する「カイザー兄弟」を倒してくれるのを希望している。
シルヴァ19
だが、店は近所のパン屋「メゾン・カイザー」に客を取られており、兄からの仕送りで暮らしている。
シルヴァ19
[[自分]]を捨てた[[父親]]を憎んでいたが→幼少時代に[[自分]]達に惨い仕打ちをした末に捨てた[[父親]]を[[悪魔]]と呼んで憎んでいたが
シルヴァ19
[[ラディッツ]]…彼と同じく自身の立ち位置を活かせず、作中で目立った活躍をしなかった**無駄設定**キャラクターでもある。彼女の場合は声優も活かせなかった。