ピクシブ百科事典

パルパレオスの編集履歴

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

rakshasa
待っていたのはカイザーやグドルフ、その臣下たちの勝手で戦争に巻き込まれたことに怒り心頭の国民の姿だった。皇帝サウザーの片腕として支え続けたパルパレオスだったが、彼自身の口からはサウザーに匹敵する「夢」を聞いた事がない。野心もなかった彼は、事ここに至って帰るべき場所を失っていたことに気付くが、もはや時すでに遅し。暴徒と化した国民の凶刃に倒れ、あえない最期を遂げることとなった。