ピクシブ百科事典

ロカカカの編集履歴

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

ゆーたろう
20巻では、[[羽伴毅]]がTG大大学病院でロカカカを用いて患者の治療を行っていることが判明した。スタンド能力を用いてロカカカの成分が頭部に行かないようにし、脳への『等価交換』が起きないようにしていた。というのもこの等価交換は非常に厄介であり、**指の浅い傷を治すために脳の一部と等価交換をする**こともあるからである。 なぜそんな風に等価交換が起こるのかは、羽伴毅もデータ量が少なく「謎である」と語っている。 ちなみに一回の等価交換を発生させるために必要な果肉量は、125g以上となっている。