ピクシブ百科事典

三沢真帆の編集履歴

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

soruto
仲直りした時の反応で恋愛感情があるは無理がある。9巻のラストなど昴に好意がある描写のほうが多い
霊地王生路
原作ノベル中で仄めかされている場面は、2巻での真帆と夏陽の仲直り、5巻での紗季と真帆からのアピールと、7巻でのひなたちゃんと真帆からの夏陽とのダブルデート、その他14巻の夏陽主人公の短編など
霊地王生路
その夏陽と仲直りできた際の反応などから恋愛対象の本命が昴でなく夏陽である事が仄めかされている
すかい・ぶるー
紗季との出会い時期を修正。ごめんなさい、1年生なのは夏陽の方で、紗季は同じ病院で産まれたときからでした…(4巻P.171)。