ピクシブ百科事典

南雲ハジメの編集履歴

比較する二つの記事のチェックボックスにチェックをいれてください。

凶鴉(ヒュッケバイン)
-**オルニス** ハマーのような外見 -**シュラーゲン** 対物スナイパーライフル。 ドイツ語で「粉砕する」という意味。 -**オルカン** (回転弾倉式) ドイツ語で「嵐」という意味。 -**メツェライ** ドイツ語で「大虐殺、殺戮」という意味。
退会したユーザです
Before「対エヒトルジュエ対策の魔法であり、」 After「エヒトルジュエ対策の魔法にすらなりうるほど、」 Before「シュラーケン」 After「シュラーゲン」
shohei
本編のエピローグで、香織達の猛攻に、ハジメが屈服し、8人の嫁+娘となる。 本編後は地球に帰還するも、帰還者を狙ったマスコミや組織等を遠藤を手駒として使いながら、壊滅、情報操作することで、対処し、さらには嫁ズやミュウの起こすトラブルにも奔走するという忙しい日々を送る(ただし、見た目はアーティファクトなどで元に戻している)。
shohei
その後、エヒトルジュエにユエを奪われ、概念魔法で世界を滅ぼそうとするも、ミュウに止められ、彼女の強さでユエの救出を決意できたハジメは、作中で出会った権力者達や、勇者達、さらには竜人族等、トータスのほぼ全戦力を結集して、エヒトと戦い、勝利する。
shohei
**概念魔法** 神代魔法を全部習得することで使用できる魔法。対エヒトルジュエ対策の魔法であり、使える効果は絶大だが、条件は厳しく、その効果だけを一心に考え、引き出す絶大たる意志と、膨大な魔力が必須であり、その前者は解放者達でも二つしか作れなかったほど難しい。
shohei
**シュラーケン** 単純に言うとスナイパーライフル。貫通力に秀でており、さらには大型化しているため、竜等であろうと貫通する。作中で改良されていく。 最終章で、他の武器と同じく、エヒトに通用するために改良される。 **オルカン** 単純に言うとロケットランチャー。最初は単発だったが、後に4連装の連発型に改良される。 最終章で、他の武器と同じく、エヒトに通用するために改良される。
shohei
最終章で、他の武器と同じく、エヒトに通用するために改良される。 本編後には衛星として地球にも上げられ、他の衛星型アーティファクトも同じである。