ピクシブ百科事典

じんつうの編集履歴

2015-02-09 17:55:24 バージョン

じんつう

ごえいかんじんつう

海上自衛隊の小型護衛艦(DE)の「じんつう」について説明する。

主なスペックは「あぶくま型護衛艦」の項目を参照されたし。

概要

DE-230「じんつう」は海上自衛隊あぶくま型沿岸護衛艦の2番艦で、ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所(竣工当時は、日立造船の舞鶴事業所)で建造され、1990年2月28日に竣工した。
艦名は岐阜県に発して富山湾にそそぐ神通川に由来する。日本海軍の川内型軽巡洋艦2番艦「神通」の名を受け継いだ2代目で、当代は、大きさとしては旧海軍でいう駆逐艦サイズにあたるフリゲートになったものの、2番艦という点が初代の神通と共通している
また竣工当時の定係港は、同じ日立舞鶴で建造された5番艦・DE-233「ちくま」と同じく大湊基地だったが、2011年3月下旬、3番艦のDE-230「おおよど」と入れ替わる形で佐世保基地に転属、第13護衛隊所属となり現在にいたる。

「川内」→「せんだい」とは離れ離れに

日本海軍で「神通」の姉艦だった「川内」も海自の護衛艦の名に受け継がれ、同じあぶくま型の2代目「せんだい」として現代によみがえった。ただし、2代目「せんだい」は4番艦、つまり妹艦で、「じんつう」が佐世保に転属した際に、その佐世保を定係港にしていた「せんだい」は6番艦・DE-234「とね」ともども呉に転属している。さらにふるさとも「じんつう」とは異なり住友重機械浦賀工場である。
またほかのあぶくま型同様、ハセガワから2隻1組でプラキット化されているが、「じんつう」は1番艦・DE-229「あぶくま」とのセット、「せんだい」は「おおよど」とのセットであることから、日本海軍の初代「川内」「神通」とは異なり、名前を継いだ護衛艦「じんつう」「せんだい」は立体でも離れ離れになってしまった・・・。

関連タグ

あぶくま型 川内型 神通(艦隊これくしょん) 神通改二
川内(艦隊これくしょん)

名前を受け継いだ護衛艦の定係港が「じんつう」と同じ佐世保基地
金剛(艦隊これくしょん)→イージス艦の3代目「こんごう
鳥海(艦隊これくしょん)→イージス艦の3代目「ちょうかい
足柄(艦隊これくしょん)→イージス艦の2代目「あしがら
島風(艦隊これくしょん)→ミサイル護衛艦の3代目「しまかぜ」
春雨(艦隊これくしょん)→汎用護衛艦の4代目「はるさめ」
曙(艦隊これくしょん)→汎用護衛艦の4代目「あけぼの」
秋月(艦隊これくしょん)→汎用護衛艦の3代目「あきづき」