ピクシブ百科事典

ラップトップの編集履歴

2015-05-04 19:43:14 バージョン

ラップトップ

らっぷとっぷ

ラップトップとは、キーボードと本体が一体化し、折りたたみ式のディスプレイを備えた持ち運び可能な小型コンピュータのカテゴリである。ラップ(lap)とは膝であり、トップ(top)とは上。つまり、膝の上で作業できるほどの軽量化を前提に設計されたもの。

歴史

初めてラップトップというカテゴリを確立したのは1985年に登場した東芝のT1100であった。重さは約4kg。折り畳んで持ち運べるパソコンは当時としては非常に革新的であった。しかし、当時のラップトップは4k~6kgと膝の上に置くには少々無理のある重さであり、多くの人々がパソコンを気軽に持ち歩くようになるのは、1989年に「ノートパソコン」を称する東芝J-3100SS(2.7kg)が登場してからになる。